デジタルサイネージ制作はPR映像.com

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

映像の種類一覧 - デジタルサイネージ制作

デジタルサイネージ制作


あの日、あの場所の、あの電子看板。
一瞬みただけで記憶に残るデジタルサイネージ!


こんな課題解決に

「人通りの多い街頭で、ニュースと広告映像を流したい」(街頭用デジタルサイネージ)
「ビル屋上にある電子看板で、広告宣伝したい」(屋外用デジタルサイネージ)
「駅構内の路線案内や時刻表を、電子掲示板で表示したい」(駅構内用デジタルサイネージ)
「店内の案内や店舗紹介は、電子案内板で説明したい」(店舗向けの電子案内板)
「店頭POPは電子POPに、値段はデジタル表示にしたい」(店頭用デジタルサイネージ)


新しい広告媒体!デジタルサイネージ(電子看板)とは?

 デジタルサイネージとは、電子看板【英:Digital Signage】のこと、デジタル技術を使って、液晶ディスプレイやLEDディスプレイなどを使って映像や情報を伝える、新しい媒体(メディア)です。これまでの「看板やポスターを電子化・デジタル化したもの」といってよいでしょう。
 最近ではデジタルサイネージの活用の場が急激に拡大しており、屋外や街頭の広告塔としてだけでなく、駅の構内、店頭、ホテルのロビー、病院、会社受付など、デジタルサイネージの活用シーンは多様化してきています。単に広告宣伝用の媒体としてだけでなく、緊急事態の連絡情報の発信や、ニュース・天気予報など実用的な情報の提供にも活用されており、もはやデジタルサイネージも「ひとつの情報メディア」としての役割を果たしています。


デジタルサイネージの「強み」とは?

 デジタルサイネージの広告媒体としての「強み」は、『その日、その時間に、その場で、その人にだけみてもらえる』ところにあります。広告主は、あらかじめ、デジタルサイネージの情報を発信する時間帯や場所を指定できるので、通勤客、通学生、ショッピング客、観光客など、ターゲットを絞り込んだ映像配信が可能です
  また、デジタルサイネージは、紙媒体・パソコン・モバイルのように携帯できる媒体ではなく、「その場でみてもらう広告・情報」なので、『その場でその人を興味喚起し、誘導する』ことができます。紙媒体のように、長期的に情報を保存したり、モバイルのように、情報を携帯してもらうことが目的ではありません。デジタルサイネージは、その場で行動をとってもらう「即効性を求めるメディア」なのです。デジタルサイネージは、『即効性ある訴求力と反響力の高さ』を強みにしたメディアであるといえます。
  デジタルサイネージという言葉をきいても、まだ、なじみの薄い方もいるかもしれません。しかし、デジタルサイネージの広告市場は、今度もますます拡大される傾向にあるため、ビジネスツールとしても注目すべき媒体です。デジタルサイネージにご興味がある方は、また機会があれば、街中や商業施設を観察して、電子看板・電子案内板などに気を配ってみてください。デジタルサイネージが「新しい広告媒体」と言われつつも、実はもうすでにかなり普及しており、多くの場所で活用されていることにお気づきいただけると思います


デジタルサイネージの「種類」と「映像コンテンツ」とは?

デジタルサイネージ(電子看板)の「種類」は主に3タイプにわかれます。

<デジタルサイネージの種類>

(1)スタンドアローン型

USBメモリやSDカードのなかにあらかじめ映像コンテンツを入れておき、デジタルサイネージ機器を設置したその場で再生し、映像を配信します。映像コンテンツは差し替えない限り、同じコンテンツが繰り返し再生されます。

(2)ネットワーク型

映像コンテンツをインターネットから配信し再生させます。デジタルサイネージ機器の設置場所や時間などを気にせず、自由にコンテンツ差し替え・更新ができます。

(3)インタラクティブ型

デジタルサイネージ機器自体がタッチパネルやモーションセンサー付きになっており、ユーザーが直接、デジタルサイネージ機器に触れながら、映像コンテンツを再生したり、自由に操作したりアクセスできます


<デジタルサイネージの映像コンテンツ>

  • ○店頭用液晶ディスプレイ(電子POP)
  • スーパー・小売店での特価商品・セール案内
    レストランでのお勧めメニュー看板
  • ○電子案内板
  • 会社受付の案内、病院での施設案内、歯科医院での治療説明
  • ○電子掲示板
  • 金融機関での株価・金利案内、駅構内での時刻表案内
  • ○学校行事系
  • 学園祭・文化祭・体育祭・運動会・懇親会・同窓会
  • ○電子ポスター
  • 駅構内での電子ポスター広告
    ショッピングモールでの電子ポスター広告

 デジタルサイネージの映像コンテンツは多種多様ですので上記だけに限りません。
 今後もビジネスや日常のさまざまなシーンで活用されていくでしょう。


デジタルサイネージの活用方法は無限!

 デジタルサイネージの活用シーンは、アイデア・工夫次第で、無限に広がります。「デジタルサイネージを使って何かPRできないかな?」と漠然としたところからスタートしてもかまいません。デジタルサイネージは、新しい媒体だからこそ、これからもさまざまな活用方法が登場するでしょう。
 また、最近の手法としては、広告宣伝のより高い効果を求めて、「続きはこのWEBサイトで」といったように、WEBやモバイルと連動させる手法が増えています。今後は、こうした複数のメディアを使って宣伝効果を誘引しあう「クロスメディア」としての仕掛け作りも増えてくるでしょう。
 映像・動画は紙媒体以上に即効性・訴求力があるので、企業側もこれをビジネスに活用しない手はありません。これからは「動画を制するものは次世代マーケティングを制する」と言っても過言ではありません。広報PR担当者、またマーケティング・営業担当者は、戦略的な動画マーケティングのスキルも必要になってくるでしょう。


デジタルサイネージ制作の方法

(1)デジタルサイネージの「全体構成」を考える前に

 デジタルサイネージ制作にあたって、まず念頭に置いて考えていただきたいことは、「映像で、いかに視聴者の興味をひきつけ、アクションをとってもらうか」ということ。よって、映像コンテンツ(内容)を考える際、たとえ商品説明だけの映像コンテンツであっても、PR宣伝・販促が目的であれば、最終目標は「その商品を買ってもらうこと」を前提に、企画立案し、映像コンテンツを考えていきます。映像コンテンツの方向性が決まったら、次は、全体構成として、映像コンテンツの具体的な部分(テーマ・ストーリー・キャスティングなど)を決めていきます。

(2)デジタルサイネージの「制作目的」と「ターゲット」を明確にする

 また、全体構成を考える際の基本中の基本として、まずは、「映像制作の目的とターゲットを明確にする」ことです。つまり、5W1H【Who(誰が)・ What(何を)・ When(いつ)・ Where(どこで)・ Why(なぜ)・How(どのように)】のように、『誰に、何を、どのように訴求したいのか?』について明確にしておきます。

 映像制作の目的は、「量販店向けに、セール情報をPRして、多くの人に来店してもらいたい」「ショッピング施設で、電子案内板を使って、店舗案内をしたい」「クリニック・病院での受付番号を、電子掲示板を使って、デジタル表示したい」など、『誰に向けて、どんな目的で、デジタルサイネージを制作したいのか?』について考えてみましょう。実際に映像を制作する前に、制作目的とターゲットを明確しておくことは、映像コンテンツ(内容)を決める上で、とても重要です。


<デジタルサイネージの制作目的>

1.集客・販促用に広告宣伝をしたい
2.情報や表示を、デジタル化したい
3.ユーザーが操作できる、インタラクティブな映像を発信したい
4.看板・ポスターの代替として、電子看板・電子ポスターでPRしたい


(3)デジタルサイネージの「目的達成できる映像制作」をする

 こうしたプロセスを検討することは、まさに企業戦略の一環ともいえる作業ですので、制作目的のはっきりしない映像にならないよう、戦略的なアイデアと工夫あるデジタルサイネージ制作に挑んでください。デジタルサイネージの映像は、いったん完成して、公共で配信されれば、瞬く間に多くの人の目に触れ、PRしてくれます。「その日、その時間に、その場で、その人にだけみてもらえる」ことを強みとする訴求力、そして「その場で伝える、その場で興味喚起する」といった即効性は、他のメディアにはできないデジタルサイネージならではのPR手法ですので、そこをうまく活用していきましょう。


PR映像.comでのデジタルサイネージ制作

 PR映像.comでは、ビジネス用の映像制作に豊富な経験と実績があり、創業35年以上、本社を構える東京・銀座を拠点に、あらゆる映像制作サービスと、映像に関連する専門サービスを提供しています。キレイ、かっこいいだけの映像では、高品質で効果的な映像とはいえません。映像で伝えたいことを確実に届けるためには、映像コンテンツの戦略と企画力が必要です。
 また、魅力ある映像を制作するには、映像ディレクターの企画構成力と提案力、クリエイター陣の洗練されたセンスや技術力も必須、すべてが映像のクオリティを左右します。
 高品質で効果的な映像制作は、戦略と技の融合により成り立つ芸術です。映像プロモーション・動画マーケティングには欠かせない映像制作、ぜひ、御社のデジタルサイネージ制作は、PR映像.comに任せてみませんか?

   

お問い合わせ


制作実績


株式会社ピク光洋

株式会社ピク光洋 〜会社案内/企業PR用映像〜


 PR映像.comを運営する株式会社ピク光洋は、グラフィック制作から映像制作・企画立案・撮影まで一括でご提供する総合クリエイティブ制作会社です。
長年にわたり培ってきた広告業界でのノウハウを生かし、あらゆるニーズに対応した静止画・写真・映像・動画制作に豊富な経験と実績があります。
同社の制作プロセスをご紹介する会社案内/企業PR用映像です。

-----