リクルート用映像制作はPR映像.com

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

映像の種類一覧 - リクルート用映像制作

リクルート用映像制作


魅力的なリクルート用映像は、新入社員の獲得だけでなく、
現役社員にも感動を与え、会社の良さを伝えることができる!



こんな課題解決に

「やる気ある新入社員を獲得したい」(リクルート用映像)
「人手不足のため、たくさんの応募者を集めたい」(リクルート用映像)
「学生アルバイトが多いので、お店の雰囲気などをポップに伝えるWEB動画で、アルバイト応募者を増やしたい」(リクルート用映像)
「ベンチャー企業なので、大手企業にはない開拓精神あふれる企業イメージを伝えるWEB動画で、スタッフを募集したい」(企業PR用+リクルート用映像)
「就職セミナーや会社説明会で使える企業PR・プレゼン用の映像がほしい」(企業PR用+リクルート用映像/デジタルサイネージ+リクルート用映像)


リクルート用映像制作で新入社員を獲得!

 これまでの就職活動・仕事探しといえば、紙媒体の求人雑誌や、店頭での求人広告、インターネットやモバイルでの求人情報サイトなど「活字+写真をみて応募する」スタイルが主流でした。しかし最近では、求人情報・求人広告も『リクルート用映像をみて応募する』スタイルが定着しつつありあります。「活字+写真」の情報では、さすがに職場の雰囲気や人々の働く様子までは伝えるのに限界があります。
  しかしリクルート用映像・動画なら、企業PR用・リクルート用に企業側が情報発信しているとはいえ、実際に働く人たちの声、職場の雰囲気、仕事の具体的な内容も垣間見られるので、バーチャルでありながらも会社訪問しているかのような気分になれます。これは紙媒体やウェブ情報にはできない、映像・動画ならではのメリットといえます。
 これまでの人材募集や求人情報といえば、求人誌や求人情報サイトに求人広告を掲載したり、就職セミナーや会社説明会を開催したりなど、現在に至っても、いろいろな手法による人材獲得が繰り広げられていますが、これからは、リクルート用映像を使った人材募集・求人情報が当たり前になってくるでしょう。これからは人材募集も求人情報も「動画」で伝える時代なのです。


高品質で効果的なリクルート用映像とは?

 本来、企業PRとして伝えたい情報(企業理念・事業内容・先輩たちの働く姿・職場の雰囲気など)は、活字と写真だけで伝えると膨大な情報量になってしまいますが、リクルート用映像なら、動画と音声を使って短時間で多くの情報やイメージを表現・演出できるので、とても効果的です。
 リクルート用映像の役割は、「求職者の興味をひきつけ、まずは応募へと促すこと」にあります。そこから先に続く面接は企業側と求職者との直接のやりとりですので、『まずは応募してもらうこと』にフォーカスした映像コンテンツを作っていきましょう。
 リクルート用・求人用の映像とはいえ、応募の有無に関係なく、その企業の魅力をきちんと視聴者に伝えてこそ、「高品質で効果的なリクルート用映像」といえます。
 リクルート用映像の強みは、写真と活字だけの紙媒体にはない、ビジュアルとサウンドによる演出で、視覚情報として伝えられることにあります。映像を見た求職者に、「この会社についてもっと知りたい」「この仕事おもしろそう」「ここで働いてみたい」など、そう思ってもらえるリクルート用映像であれば、十分に効果的なリクルート用映像といえるのではないでしょうか。また、企業の魅力をきちんと伝えられる映像コンテンツは、企業ブランドや企業イメージの向上にもつながりますので、リクルート用映像とはいえ、立派に企業PR用映像としての役目も果たしているといえます。
 今後もますますスタイルを変えていくであろう就職活動、企業側は、「いかに上手く求職者の心をつかむアピールをできるか」が人材獲得のキーポイントになってきます。映像は紙媒体以上に即効性・訴求力があるので、企業側もこれをリクルート活動に活用しない手はありません。これからは「動画を制するものは次世代マーケティングを制する」と言っても過言ではありません。こうしたリクルート活動の担当者、また広報PR担当者は、戦略的な動画マーケティングのスキルも必要になってくるでしょう。


リクルート用映像制作の方法

(1)リクルート用映像の「全体構成」を考える前に

 リクルート用映像制作にあたって、まず念頭に置いて考えていただきたいことは、「リクルート用映像とは、単なる求人映像ではなく、企業PRの映像である」ということ。よって、企業PRもしながら求人映像を制作していることを前提に、企画立案し、映像コンテンツ(内容)を考えていきます。
 企業側は、求職者に対して、「いかに自社の魅力・仕事の魅力をアピールをできるか」が、応募者を獲得するためのキーポイントとなります。見た目は普通の会社でも、リクルート用映像の中で、その会社の魅力を最大限に引き出し、伝えることができれば、それは、求職者にとって「素晴らしい会社・やりがいある仕事・熱意ある先輩たち」と映ることも可能です。『いかに求職者の興味をひきつけ、応募のステップをとってもらうか』、これを徹底的に考えながら、戦略的で効果的な映像コンテンツを組み立てていかなければなりません。映像コンテンツの方向性が決まったら、次は、全体構成として、映像コンテンツの具体的な部分(テーマ・ストーリー・キャスティングなど)を決めていきます。

(2)リクルート用映像の「制作目的」と「ターゲット」を明確にする

 また、全体構成を考える際の基本中の基本として、まずは「映像制作の目的とターゲットを明確にする」ことです。つまり、5W1H【Who(誰が)・ What(何を)・ When(いつ)・ Where(どこで)・ Why(なぜ)・How(どのように)】のように、『誰に、何を、どのように訴求したいのか?』について明確にしておきます。

 映像制作の目的は、リクルート用映像であれば、「会社や仕事の魅力を伝えて、たくさんの応募者がほしい」「うちの会社は、学生アルバイトが多いので、学生をターゲットにした求人映像を作りたい」「会社のイメージも仕事も地味なので、もっと楽しさを伝えて、企業PRも兼ねた求人映像を作りたい」など、『なぜリクルート用映像を制作したいのか?』について考えてみましょう。【映像制作の目的とターゲットを明確にした上で、その制作目的を達成できる映像コンテンツを作る】ことが、動画マーケティング成功のキーとなります。


<リクルート用映像の制作目的>

1.WEB上での応募用の興味喚起として活用する
2.自社ホームページで会社案内・仕事内容・求人内容などを伝える
3.企業PRを兼ねたイメージ映像として活用する
4.会社説明会、内定者向けの映像資料として活用する


(3)リクルート用映像制作の「目的達成できる映像制作」をする

 こうした映像制作のプロセスは、まさに企業戦略の一環ともいえる作業ですので、単なる会社案内だけの事務的な映像にならないよう、人事と広報宣伝が一丸となって戦略的なアイデアと工夫をだしながら、応募者の獲得に挑んでください。
 リクルート用映像は、いったん出来上がって、WEB動画としてサイト上で公開すれば、瞬く間に多くのユーザーの目に触れ、応募の有無にかかわらず、企業PRもしています。リクルート用映像としての価値は、「求職者の興味をひきつけ応募を促す」だけでなく、『自社の魅力を最大限にアピールする』ことにもあります。リクルート用映像を通じて、自社の魅力を最大限に伝えられたら、その企業イメージやブランディング向上にも貢献していることでしょう。


PR映像.comのリクルート用映像制作

 PR映像.comでは、ビジネス用の映像制作に豊富な経験と実績があり、創業35年以上、本社を構える東京・銀座を拠点に、あらゆる映像制作サービスと、映像に関連する専門サービスを提供しています。キレイ、かっこいいだけの映像では、高品質で効果的な映像とはいえません。映像で伝えたいことを確実に届けるためには、映像コンテンツの戦略と企画力が必要です。
 また、魅力ある映像を制作するには、映像ディレクターの企画構成力と提案力、クリエイター陣の洗練されたセンスや技術力も必須、すべてが映像のクオリティを左右します。
  高品質で効果的な映像制作は、戦略と技の融合により成り立つ芸術です。映像プロモーション・動画マーケティングには欠かせない映像制作、ぜひ、御社のリクルート用映像制作は、PR映像.comに任せてみませんか?

   

お問い合わせ


制作実績


住友不動産ベルサール株式会社様「ベルサール渋谷ファースト」

住友不動産ベルサール株式会社様「ベルサール渋谷ファースト」
 〜販促用・営業ツール用映像〜


 東京都内に27の大型イベントホールを展開する住友不動産ベルサールが2010年にオープンした「ベルサール渋谷ファースト」。
そのオープニングイベントをドキュメント風の映像でご紹介しています。
イベント設営の風景や会場での盛り上がりにアプローチした映像コンテンツとなっており、クライアント様には営業ツール用映像としてご活用いただいております

-----