音楽PV制作はPR映像.com

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

映像の種類一覧 - 音楽PV制作

音楽PV制作


アーティストの皆さん、その作品を世に出しましょう!
音楽PV制作ならPR映像.comにお任せください!



こんな課題解決に

「「バンドのプロモーション用にオリジナル映像を撮りたい」(音楽PV)
「自分たちで撮影した音楽映像を、プロに編集してもらいたい」(音楽PV)
「アーティストのプロモーションビデオ(PV)を制作して、自社ホームページで動画配信したい」
(音楽PV+ストリーミング配信)
「ミュージシャンのライブを収録して、DVD化して販売したい」(音楽PV+DVD制作)


音楽PV(プライベートビデオ)/MV(ミュージックビデオ)の「強み」とは?

 音楽PVとは「音楽用プライベートビデオ」のこと、MV(ミュージックビデオ)と呼ぶこともあります。 基本的には、“PV”も“MV”も同じ意味です。 アーティストやミュージシャンが音楽活動をする上で、音楽PVは、いわばPR宣伝ツールみたいなものです。
 音楽PVを活用すれば、アーティスト・ミュージシャンとしての注目度は高まり、ヒット曲にもなれば、ファンも獲得でき、より大舞台での活動チャンスもつかめるでしょう。
 また、アマチュアであっても、YouTubeなどの動画サイトで公開すれば、世界中で音楽PVを見てもらえますので、多くの人々の興味を引きつける音楽PVなら、その動画サイトから人気を得てメジャーデビューも夢ではありません。
 音楽PVの強みは「音楽映像を使った即効性ある訴求力と拡散力にある」といえます。音楽PVの映像コンテンツは、そのアーティストのイメージ、容姿、音楽性、歌唱力など、アーティストの能力や魅力を伝え、音楽映像という一つの作品として視聴者に訴求してくれます。
 また、音楽PVは人々の手により拡散できます。良い音楽なら「何度でも聴きたい」と視聴者は思うでしょうし、「何度でもこのPVをみたい」と思う人もいるでしょう。そのアーティストのファンなら尚さらのこと「そのアーティストやその曲を応援したい」と思うでしょう。音楽PVだからこそ、音楽だけでは拡散しきれない、動画と音声による音楽PVならではの強みを生かして、瞬く間に広めることができるのです。
  音楽PVでプロモーションするからには、音楽PV制作は、音楽の出来ばえよりも「映像コンテンツ重視」です。アーティストやミュージシャンの実力を最大限に引き立てる工夫とアイデアが必要になります。「ヒット曲につながるか否かは、音楽PV制作にかかっている」といっても過言ではありません。音楽PV制作を依頼する際は、信頼・豊富な実績のある映像制作会社を選びましょう。


高品質で効果的な音楽PV(プライベートビデオ)制作とは?

 高品質な音楽PV(プライベートビデオ)」という観点では、「ライブやイベントの様子を伝えるPV」なら、その場の雰囲気・人々の熱気・全体の様子など、できる限り臨場感あふれる形で伝えることができればベストです。また「アーティストや曲にフォーカスしたPV」なら、そのアーティストが表現する世界を伝え、視聴者を引きこむほどに魅了できれば申し分ないといえるでしょう。「そのライブやイベントに参加していなくても参加したような気持ちになれる」、そんな視聴者の心をつかむ音楽PV制作を心がけたいものです。
 また、「効果的な音楽PV」という観点では、まずはその音楽PV制作の目的を明確にしなければなりません。アーティストのPR宣伝、CD宣伝、DVD宣伝、デモ用、オーディション用など、目的に応じた映像コンテンツを制作することが、効果的な映像作りのキーポイントといえます。
 映像・動画は紙媒体以上に即効性・訴求力があるので、企業側もこれをビジネスに活用しない手はありません。これからは「動画を制するものは次世代マーケティングを制する」と言っても過言ではありません。広報担当、またマーケティング・営業担当者は、戦略的な動画マーケティングのスキルも必要になってくるでしょう。


音楽PV(プライベートビデオ)制作の方法

(1)音楽PVの「全体構成」を考える前に

 音楽PV制作にあたって、まず念頭において考えていただきたいことは「いかに自分たちのイメージや音楽をアピールして、視聴者の興味をひきつけるか」ということ。映像コンテンツ(内容)を考える際、音楽PVにおいて、PR・販促すべき商品は「そのアーティスト本人」です。CDやDVDの売り上げ、ライブチケット販売数なども、すべての実績はそのアーティストや音楽作品に対する評価のあらわれです。音楽PV制作では、まずは「アーティスト本人と作品の注目度・認知度を上げる」ことを前提に、企画立案し、映像コンテンツを考えていきます。
 もちろん、最終目標は「アーティスト本人と作品に関連する商品を買ってもらうこと」にありますが、まずPRすべき対象は「アーティスト本人と作品である」という前提で企画立案していきましょう。

(2)音楽PV制作の「制作目的」と「ターゲット」を明確にする

 また、全体構成を考える際の基本中の基本として、まずは「映像制作の目的とターゲットを明確にする」ことがあります。つまり、5W1H【Who(誰が)・ What(何を)・ When(いつ)・ Where(どこで)・ Why(なぜ)・How(どのように)】のように、『誰に、何を、どのように訴求したいのか?』について明確にしておきます。

 音楽PVの制作目的は、たとえば、無名のアーティストなら「とにかく自分たちを知ってもらうため、PVを動画サイトで公開したい」、知名度あるアーティストなら「新曲をPR宣伝してCDを売りたい」、そして、ライブやイベントなど活動熱心なグループなら「コンサート会場でのライブを収録したDVDを制作したい」など、PRが主な制作目的となります。
  また、そのPVを「誰に見てもらいたいか」についても決めておくと、よりターゲットを絞り込んだ動画マーケティングが可能になります。「誰でもOK!(不特定多数)」「20代~30代の男女」「ファンクラブ会員のみ」「子ども向け」など、ターゲット設定によりPR方法も変わってくるからです。音楽PVを制作する前に、制作目的とターゲットを明確しておくことは、映像コンテンツを決める上でとても重要なのです。
  そして、制作目的とターゲットが決まったら、ゴール設定もしておきましょう。「1000万枚CD売り上げ達成」「1万回ダウンロード達成」「コンサートチケット完売」など、ゴール達成に向けた映像コンテンツができれば、より戦略的で効果的な音楽PVになるでしょう。


<音楽PVの制作目的>

1. 注目度・認知度を上げたい
2. ファンを獲得したい
3. CD・DVD・チケット等の実売につなげたい
4. 活動内容や音楽作品を知ってもらいたい


(3)音楽PVで「目的達成できる映像制作」をする

  こうして制作目的、ターゲット、ゴール設定を明確にしていくことは、アーティスト活動の今後を決める作業ともいえます。制作目的のはっきりしないPVにならないよう、アイデアと工夫をこらした戦略的な音楽PV制作に挑んでください。
  また、プロモーション活動として、音楽PV制作とあわせて、紙媒体・インターネット・モバイル・デジタルサイネージなど、他の媒体も同時に活用しながらPRする「クロスメディア」の手法も用いれば、より効果的な宣伝効果を発揮できるでしょう。ご興味があれば、まずは事前に制作会社に相談してみましょう。


PR映像.comでの音楽PV制作

 PR映像.comでは、ビジネス用の映像制作に豊富な経験と実績があり、創業35年以上、本社を構える東京・銀座を拠点に、あらゆる映像制作サービスと、映像に関連する専門サービスを提供しています。キレイ、かっこいいだけの映像では、高品質で効果的な映像とはいえません。
 映像で伝えたいことを確実に届けるためには、映像コンテンツの戦略と企画力が必要です。また、魅力ある映像を制作するには、映像ディレクターの企画構成力と提案力、クリエイター陣の洗練されたセンスや技術力も必須、すべてが映像のクオリティを左右します。
 高品質で効果的な映像制作は、戦略と技の融合により成り立つ芸術です。映像プロモーション・動画マーケティングには欠かせない映像制作、ぜひ、音楽PV制作は、PR映像.comに任せてみませんか?

   

お問い合わせ


-----