インターレースとプログレッシブ

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

インターレースとプログレッシブ

動画・映像の疑問集

インターレースとプログレッシブ

まず最初に映像フレームレートの説明をします。
映像は静止画をパラパラ漫画のように連続で見せる事によって動きが表現されます。
フレームレートとは約1秒間に何枚の静止画で映像や動画を構成するかの単位になりますインターレースとプログレッシブではそのフレームレートの仕組みと枚数に違いがあります。

一般的にインターレースは【60i】、プログレッシブは【30p】などと表記表現されます。

まずはプログレッシブですが、前項でもふれましたパラパラ漫画と全く同じ方法です。
一般的には一秒間に30フレームが主流になり、他に24p 25p などありますが一般的には 30pになります

次にインターレースですが、現在のテレビ放送で主流になる方式です。
プログレッシブと比べると約倍のフレーム数になります。ですが、1フレームあたりの画像が50%間引きされた画質になり2フレーム合わせて1枚の写真(画像)になります。ですので基本的にはプログレッシブと相違はさほどありません。

インターレースとプログレッシブ

違いとしてはインターレースはフレーム数が多いので動きは滑らかですが画質に若干のチラつきがあります。
逆にプログレッシブは画質は綺麗だが動きに少しカクつくといった違いになります


-----