制作とご依頼方法をご紹介します

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

制作とご依頼

制作とご依頼

映像制作の流れ

【1.オリエンテーション】まずはお客様のご要望・ご予算・納期などをお聞かせください。弊社の映像ディレクターが映像制作に関するご質問・ご相談を承らせていただきます。

PR映像では映像制作のご依頼いただく前に、第一ステップとなるオリエンテーションをとくに重視しています。お客様のご要望を弊社の映像ディレクターがしっかりとお伺いし、ご満足いただける映像作品をご提案いたします。

   

【2.企画立案】オリエンテーションにてお伺いしたご要望やご相談をもとに企画立案をいたします。その際、制作費用についてもお見積りいたします。

映像制作にあたって、まず考えておかなければならない重要なポイントは「映像ターゲットと制作目的を明確にすること」です。つまり「誰に何をどのように伝えたいのか?」を明確に設定しておく、これらが不明確だと映像クオリティにも影響を与えます。PR映像ではご納得いただけるまで目的にあった映像のご提案をいたします。

 

【3.正式依頼】企画立案の内容やお見積もり金額に同意いただけましたらご契約いただき、正式依頼として映像制作を開始いたします。

この時点で映像コンテンツの方向性は決定しています。また、制作費用についても金額はほぼ確定しているので、あとは企画立案に基づき、納期までに納品できるよう、映像完成に向けてスタッフ一同、全力で制作活動に専念いたします。

 

【4.全体構成】企画立案に基づき、映像の全体構成を決定します。台本や絵コンテを用いて、具体的な映像コンテンツをご確認いただきます。これにより映像の完成イメージもかなりつかんでいただけるでしょう。

PR映像では全体構成の時点で、映像の完成イメージはつかんでいただけるよう配慮しています。お客様に台本や絵コンテをみていただき「そう、こんな感じ!」とご納得いただいた上で、本格的な撮影や制作活動を開始いたします。

 

【5.シナリオ作成】 全体構成が決まれば、シナリオ作成・台本作りをします。セリフやキャッチコピーはもちろん、出演者や撮影場所の設定など映像の細部まで指示しています。

PR映像では全体構成の時点で、映像の完成イメージはつかんでいただけるよう配慮しています。お客様に台本や絵コンテをみていただき「そう、こんな感じ!」とご納得いただいた上で、本格的な撮影や制作活動を開始いたします。

 

【6.キャスティング】 シナリオ作成が完成すれば、次はキャスティングの準備です。モデル・俳優・エキストラなど出演者の出演依頼や交渉、スケジュール調整などの手配を行います。実際の撮影に向けてキャスティング手配は完了させておきます。

PR映像ではシナリオライターはもちろんモデルやエキストラなど出演者の手配も一括してお任せいただけます。日本国内の撮影や海外での撮影も独自の幅広いネットワークがあるので迅速に手配いたします。

 

【7.撮 影】 スチール撮影・ロケーション撮影・ムービー撮影など、撮影は映像制作の柱となる工程です。

PR映像では10年以上の経験豊富な映像ディレクターによる指示のもと、専門カメラマンや撮影スタッフがチーム体制で撮影にのぞみます。特殊撮影にも対応可能です。

 

【8.編 集】 撮影が行われた映像や画像を編集していきます。弊社の映像クリエイターにより、全体構成・シナリオに基づき、ひとつの映像作品へと仕上げられます。

PR映像では経験豊富な映像クリエイターが自社オフィスで映像編集の業務にあたっています。映像のクオリティは彼らの手にかかっていると言っても過言ではありません。

 

【9.収 録】】 映像編集が完成したら次は音響効果の収録です。映像に必要な音楽・ナレーション・BGMを収録します

PR映像ではオリジナルソング作曲・BGM収録・音楽編集、そしてナレーターや声優の手配も承っています。音響効果に関する一連の手配をお任せいただけます。

 

【10.試 写】 収録作業も終われば最後に映像を総点検して仕上げ段階に入ります。お客様には納品の前に映像をご確認いただきます。

PR映像では試写で完成した映像をご覧になられて、万が一、修正や削除などがある場合も可能な限り対応いたします。

 

【11.納 品】 映像原版を完成させた後、ご要望の納品形式に書き換え納品いたします。

DVD、CD、MV、VHSなどご要望の形式で納品いたします。また大量のDVD発注も可能ですので、DVD配布をご希望の方はご相談ください。

 

PR映像の映像制作で自社のプロモーションを変える!

PR映像は東京・銀座を拠点に本社を構え、創業35年以上の豊富な実績と経験を誇る本格ムービー制作と映像マーケティング専門の映像制作会社です。
“キレイ”“カッコいい”だけの映像では良い映像とはいえません。映像の品質の良し悪しは、どんなに素晴らしいコンテンツや脚本であっても、作り手である映像制作会社によって良くも悪くもなり、同じコンテンツでも完成した映像はまったく異なる仕上がりになっていることさえありえます。映像制作で「本当に良いものを作りたい」とお考えであれば、制作費など価格だけを重視した決断や、不必要な制作工程の省略などはおすすめしません。これらは短期的な経費削減にはつながっても、映像の品質においてはなんらメリットがないためです。
私たちはPR映像だからできる専門性の高い技術力とクオリティで魅せる映像作り、そして何よりもお客様にご満足いただける映像作りをこれからもお届けいたします。
長年の信頼と豊富な実績、安心して任せられる映像制作会社をお探しなら、ぜひ私たちPR映像までお問合わせ・ご相談ください。


お問い合わせ


-----