映像クリエーターの業界メモ > 過去の記事 2017.05

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

こちらは「映像クリエーターの業界メモ」過去の記事です。
2017年5月に掲載した記事を保存しています。
2017.5.31 : GPSを搭載し、自動飛行できるドローンが登場

株式会社ジーフォースが今年5月に発売する「HUBSAN X4 AIR PRO」は、完全にスマホアプリで操作できるインテリジェントドローンです。アプリ上の地図をタップすることで自分だけの航路を簡単につくり、自動航行をさせられるのだとか。フルHDの映像が撮影できるカメラも搭載。プロモーション映像が制作されていたので、ぜひチェックしてみてください。
https://youtu.be/i9islL1aYKw


2017.5.30 : 摩訶不思議な大気現象「スティーヴ」とは一体!?

この映像に登場するオーロラのようなものは、「スティーヴ」と呼ばれる正体不明の大気現象。SNS上で昨年話題になったことから、NASA・欧州宇宙機関・カルガリー大学の科学者らがその解明に乗り出しています。高度300kmあたりで温度が3,000℃まで上昇するという、謎の光の正体とは……?今後の研究にぜひ注目してみてください。
https://youtu.be/tH7bVlGNjWU


2017.5.29 : 描きたいものを先読みする、お絵かきツールが誕生

Web検索をするとき、検索したいものを先読みして候補が表示されますよね。あの技術が、なんとお絵かきツールで実現しました。AI研究の一環でGoogleが開発した「AutoDraw」では、花やケーキなど好きなイラストが、最後まで描かなくても上手にできあがります。映像を見てみれば、何とも楽しそうで試したくなってきますね。
https://youtu.be/VwRbvVrUXTc


2017.5.26 : iPhoneを手作り!?ファン垂涎のプロジェクト映像

改造好きな方々のなかで、iPhoneはユーザーがいじりにくい端末として有名なのだとか。そんなiPhoneを、ゼロから制作する夢のプロジェクト映像が公開されています。数週間かけて、中国で部品を集めるところからスタート。途方もない挑戦に、思わず拍手してしまいますね。
https://youtu.be/leFuF-zoVzA


2017.5.25 : 自動運転「ロボネコヤマト」が運用スタート

ヤマト運輸株式会社と株式会社ディー・エヌ・エーが協同で開発した、自動運転車による宅配サービス「ロボネコヤマト」が、いよいよ一部地域で運用開始したそうです。イメージ映像が制作されていますが、あまりの便利さに驚かされます。全国で運用が始まるのが、とても楽しみですね!
https://youtu.be/KmT_DJgM1Z8


2017.5.24 : 空中を飛び回る球体ディスプレイが、映像を変える!?

NTTドコモが発表した、世界初の「球体浮遊ドローンディスプレイ」。宙に浮かぶ球体ディスプレイに映像を表示できるうえに、ドローンなのでコントロールも可能です。コンサートやアドバルーンなどに組み込めば、従来とは異なる印象的な映像演出ができるようになりそうですね。
https://youtu.be/Q6ZGn47Eifo


2017.5.23 : 映画『ダークナイト』の生演奏を、YouTubeで大公開!

アメリカの野外音楽フェスティバル「Coachella」が、なんと『ダークナイト』の音楽の生演奏映像をYouTubeで公開しています。緊張感や不安をかき立てるイントロをはじめ、圧巻の演奏に耳を傾けていると、映画が見たくてたまらなくなりますね。
https://youtu.be/r4GgVw4lAjM


2017.5.22 : SNSサービスが、いよいよVR空間に進出!

Oculusを買収するなどVR技術に注力しているFacebookから、ついにソーシャルVR「Facebook Spaces」ベータ版が公開されました。VRヘッドセットを装着すると、VR空間で会話や旅行・物件訪問などが楽しめるそうです。Facebookのメッセンジャーとも連携しているので、仮想空間から現実の知人にビデオ通話ができるのも驚かされます。気になる方は、プロモーション映像をチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/dr_04PCSDWE


2017.5.19 : 笑わずにいられない、映画のコメディーシーンが大集合

音痴なマイク・タイソンや、全裸のジム・キャリーなどは、何度見返しても最高ですよね。この映像は、『ゴーストバスターズ』『アベンジャーズ』など40本もの映画から、笑えるコメディーシーンばかりを集めて制作されたもの。いろいろな笑わせ方があるものだ、とちょっと考えさせられますよね。
https://youtu.be/x7CaHhlEXtg


2017.5.18 : 頭で考えただけで、Facebookに書き込める新技術

Facebookが開催したデベロッパーカンファレンス「F8」で、驚きのアイデアが発表されました。Facebookが開発を目指しているのは、脳に直結させたコンピューターインターフェース。つまり、指で打ち込む必要がなく、頭のなかで言葉を念じただけで文字を入力できる次世代技術です。デモンストレーション映像も披露されたので、ぜひご覧ください。
https://youtu.be/kCDWKdmwhUI


2017.5.17 : 中国の配送倉庫で活躍する、可愛らしいロボットたち

近年、活躍の場が広がっているロボットですが、この映像に登場するロボットは何とも可愛らしいですね。荷物を載せられたロボットは一目散に駆け出して、自動的に判別した穴に荷物をポイッ!なんと1日に20万個もの荷物をさばくことができるのだとか。
https://youtu.be/_QndP_PCRSw


2017.5.16 : 世界最強の動物は、一体なんだ!?

世界最強の動物ランキングを順に発表していくこの映像。第10位の「ゴリラ」からはじまり、コモドドラゴン、ワニ……と恐ろしい動物が次々に登場します。果たして、最強ランキング第1位の動物とは……?気になる方は、ぜひ映像をご覧ください。
https://youtu.be/3Zl8yNh6AEE


2017.5.15 : 1億画素で空撮できる、最強タッグが登場!

DJIが昨年リリースした空撮ソリューションがアップデート。1億画素のセンサーをもつハッセルブラッド「H6D-100c」が、いよいよ空へと飛び立つそうです。約2kgのこのカメラを飛ばすことができるのも、5.5~6kgの積載量に対応できる業務用ドローン「Matrice 600 Pro」が翼になるから。「H6D-100c」の性能については、製品紹介映像をご覧ください。
https://youtu.be/ZGG8f4H3pps


2017.5.12 : 東京の建築物が宇宙に漂う、幻想的な360度映像

見慣れた駅のホームやコンビニなど、東京の建築物が宇宙に漂っている宇宙トリップ360度映像『TOKYO LIGHT ODYSSEY』。デザインユニットwowlabが制作したこの映像は、スクリーンという枠を無くした世界を冒険するかのような特別な体験をもたらしてくれます。圧倒的な没入感を、ぜひお楽しみください。
https://vimeo.com/213954770


2017.5.11 : もう見るだけではない!壁や物に触れられるVR空間

バーチャル世界に入り込むことのできるVR技術ですが、実際には存在しない物質を「感じる」ことができるようになったそうです。ドイツの研究者が着目したのは、電流を流すことで筋肉を刺激する方法。仮想空間内にある壁にぶつかったり、重い荷物を動かすこともできるのだそうです。デモ映像を見てみると、そのリアルな反応に驚かされます。
https://youtu.be/OcSmCamMKfs


2017.5.10 : タイムカプセルは、宇宙に打ち上げる時代になった!?

創立200周年を迎えたミシガン大学の学生チームは、タイムカプセルを制作することにしました。といっても、校庭の角に埋めるのではなく、中身が劣化しないように宇宙に打ち上げて、100年間にわたって地球の周回軌道に乗せる計画なのだそうです。映像によると、打ち上げるのは一辺約10cmの小さな人工衛星。100年後に地球に無事落下して、未来の学生の手に届くのが楽しみですよね。
https://youtu.be/0j5kx_B9WzE


2017.5.9 : プランク粒子から銀河まで、あらゆるモノの大きさを比較

皮膚や赤血球など人間を構成している細胞から始まり、10ナノメートル以下の素粒子・原子・DNA、その1000倍の大きさをもつHIV・ジカ・エボラ……さらには昆虫や鳥類・哺乳類・人間と、さまざまな物のサイズを3Dで比較している映像です。人間サイズを超えると、海の巨大生物たちや人間がつくった乗り物・建物……、そしてついに地球も飛び出します。太陽の直径の1700倍とされるUY星を超えて、銀河系やブラックホール、さらにはパラレルユニバースまで。この世の壮大さに魅せられる映像です。
https://youtu.be/isppUA0MZmw


2017.5.8 : 人類以外でついに発見!仲間に伝染する「笑い声」

ニュージーランドに生息する鳥・ミヤマオウムは、遊ぶ時の鳴き声「プレイ・コール」が仲間に伝わって、じゃれ合う反応を見せるそうです。この実験映像では、録音したプレイ・コールを野生のミヤマオウムに聞かせたところ、親鳥と子鳥がじゃれ合ったことが分かります。声が伝染して、ポジティブな感情を引き起こすなんて、まさに人間の笑い声のようなものですよね。
https://youtu.be/N37rN29nUIc


2017.5.7 : ジェットパックで空を飛ぶ、美しい映像作品

この映像では、ジェットパックを装着した人が優雅に空を飛び回っています。タンク満タンから4分間した飛べないので、撮影機材もドローン3台、RED Weapon、GoPro Hero 4と気合いの入った制作体制。ジェットパック自体も1000万円超となかなか撮れる映像ではありませんが、なんとも美しい光景ですね。
https://youtu.be/2B0bxj_Plf8


2017.5.6 : 星々を駆け抜けて、地球外生命体を探索

地球外生命体がいる可能性がある火星やエウロパ。NASAはこうした星に探査機を送る予定なのだそうです。その探査機こそ、この映像に登場する折りたたみ式探査ロボット「PEFFER」です。折り紙から発想を得て制作されたボディが、荒れた大地をパワフルに探索。障害物をくぐり抜けるPEFFERの動きを、どうぞご覧ください。
https://youtu.be/nRmorQmGqVM


2017.5.5 : 「あ、間違えた」と思った瞬間に動きを正すロボット

MITコンピュータ科学・人工知能研究所やボストン大学の研究者らが制作したのは、安価かつ正確にタスク処理ができるロボット「Rethink Robotics’ Baxter」。どのような反復作業も、高い習熟度で処理できるのだそうです。人間が頭にかぶった脳波検査モニターが、ミスをした時の脳波に反応して、ロボットが行動を修正する仕組み。映像を見ると、ロボットがミスした時の表情もかわいらしいですよね。
https://youtu.be/Zd9WhJPa2Ok


2017.5.4 : 自分に合わせて像が動くインタラクティブ表現

空中に浮かぶアニメーションを制作するアーティスト・Joanie Lemercierさんが手がけた、ホログラムならぬ「ノーログラム」とは……?スクリーンでなく独自開発したミストに映しだした像が、ユーザーの動きに合わせて変化するインタラクティブな作品です。どんなものかは、映像をご確認ください。この新たなプロジェクションシステムが、今後どのように活躍していくかが楽しみですよね。
https://vimeo.com/207528533


2017.5.3 : VR世界とリアル世界がクロスする新技術

VRヘッドセットを装着すると、自分の周りのことは一切見えなくなりますよね。だから、ボールを投げられてもキャッチすることはできないはず。しかし、この映像ではVRユーザーがキャッチボールを続けられています。ボールの動きをリアルタイムでトラッキングして、動きを予測するシステムを使用しVRヘッドセットに映像を届けているのだとか。VRとリアルをこれほどの精度で交差することができると、今後のVRの進化が変わってきそうですね!
https://youtu.be/Qxu_y8ABajQ


2017.5.2 : まるで本物の鳥!スパイロボで動物たちを撮影

この映像に登場するのは、本物そっくりに制作されたスパイロボット「アマサギくん」。今回はゾウの写真を撮るために、サバンナのなかに連れていかれたようです。赤ちゃんゾウの目線と同じ高さに設置された内蔵カメラで、撮影できた風景とは……?アマサギくんの活躍ぶりをぜひご覧くださいね。
https://youtu.be/6j3m8ol477M


過去の記事はこちら>>2014.8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2015.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2016.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2017.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8
>>最新の記事はこちら

-----