映像クリエーターの業界メモ > 過去の記事 2017.02

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

こちらは「映像クリエーターの業界メモ」過去の記事です。
2017年2月に掲載した記事を保存しています。
2017.2.28 : VRアニメがノミネート!史上初のアカデミー賞受賞なるか!?

今年1月に発表された、アカデミー短編アニメ賞のノミネート作品。その中に、VR作品が初めて選ばれました。短編アニメ『パール』は、心温まる少女の成長物語。360度映像の表現が、新たな領域に踏み込んだように思います。
+コメント : VRって凄いですね。観客としてではなく、まるで物語の中に入っているような錯覚を覚えます。で、こちらの作品は車と共に成長する女の子の物語。とても良いストーリーですが、よくあるかな?と思ってしまいました。過去に自動車メーカーがこの手の「車と子どものいる人生」的なCMを作ってたりします。常に一方向でストーリーが展開されるため、ほとんど振り向く事が無いのも残念。なんだか辛口になってしまいましたが、アカデミー賞にノミネートされるほどの作品です。また、軽視されがちなVR作品がノミネートされるという快挙でもあります。観る価値は大いにありますので是非ともご鑑賞下さい。
(2017年 第89回アカデミー賞 短編アニメ映画賞は「ひな鳥の冒険」が受賞しました。)
https://youtu.be/WqCH4DNQBUA


2017.2.27 : 待望の0.79倍ワイコンを、ソニー「AX55」に装着すると……?

ソニーのFDR-AX55/AX40や、キャノンのXA35/30・G40に対応した、レイノックスの0.79倍ワイコン「HDP-7880ES」。その使用感は、果たしてどのようなものなのでしょうか。この映像は、「HDP-7880ES」をソニーAX55に装着して撮影したもの。ワイコンがある場合・ない場合の画角の違いなどが分かりやすいので、購入をご検討中の方はぜひご覧ください。
https://youtu.be/DnwNaqvrgNQ


2017.2.24 : VRゲームで実現!今までにない飛行体験

2017年中に発売予定のゲーム『エースコンバット7』から、最新トレーラー映像が制作・公開されました。PlayStation VRで体験できる、没入感たっぷりの飛行体験。さらなる続報が待ち遠しいですね。
+コメント : エースコンバット、昔は大好きでよくやりました。こちらのトレーラー映像は、まだ開発途中なんでしょうけど相当凄そうで、俄然興味が湧いてきました。PlayStation VRによって、最近ではあまり流行らなくなっている「シューティングゲーム」や「レースゲーム」等が日の目を見られそうですね。次は何がVRになるのかな?なんて考えるだけで楽しくなります。希望としては往年の名作シューティングや名作レースゲームなんかがVRになってくれるとチョー歓喜です。
https://youtu.be/ycfkZKWQ-b0


2017.2.23 : ワンちゃんが、初めて赤ちゃんに会うと……?

この映像に登場するのは、初めて人間の赤ちゃんに会った犬たち。一体どのようなリアクションを見せてくれるのでしょうか。赤ちゃんとワンちゃんがコラボすると、こんなにも愛らしくて面白いのですね!
https://youtu.be/9nZ0Q_4W-9s


2017.2.21 : あの音楽制作アプリに、いよいよMac版が登場!

数々の受賞に輝き、iOSではすでに定番となった音楽制作アプリ「KORG Gadget」ですが、ついに待望のMac版が登場するそうです。30以上の音源(ガジェット)をデスクトップで操作できるようになると、早くも注目を集めています。「そもそもKORG Gadgetとは?」という方は、アプリ紹介映像をご覧くださいね。
https://youtu.be/MiArC0H3n-g


2017.2.20 : コダックが開発中のSuper 8カメラ。その撮影性能に注目!

最新の映像技術が一堂に集う「CES 2017」でコダックが公開したのは、開発中カメラ「Super 8」のプロトタイプと、その性能を実感できるテスト映像。今回制作された映像を見ると、2017年春に予定されている特別仕様モデルの発売が待ち遠しくなりますね。
+コメント : やはりフィルムの映像はデジタルではあまり感じられない「空気感」が素晴らしいですね。とは言うものの、記録映像としてはやはり高画質のデジタルで残して、後処理としてフィルム感を出した方が良い気がしちゃいますね。「埃」や「傷」「粒子」などのランダム要素の表現は難しいですけど、デジタルの技術進歩は凄まじいのでクリアされると思います。CGを多く使った映画などにも流用出来ると思いますし・・・と、+コメント(別スタッフ)でちょっと否定的になってしまい申し訳ありません。何はともあれ、古い技術を後世に残していくのは良い事だと思います。コダックには頑張ってもらいたいですね。
https://youtu.be/54eztmOahfY


2017.2.17 : 自宅でも録音できる、革新的なボーカルブース

音声をクリアに録音するために、ボーカルブースは欠かせません。しかし、大きなブースを個人で所有するのはハードルが高いもの。そこで、「頭以外は外に出ていてよい」という逆転の発想から制作されたのが「ISOVOX 2」。折りたたんで持ち運べるポータブルタイプながら、音漏れ防止の性能も高いそうです。気になる方は、ぜひ映像をご覧ください。
+コメント : これは面白い!音ってこれくらいの遮断で漏れないものなんですね。値段は約10万円。高いようで一般的な録音に従う経費を考えると安いような気がします。自分で録音したいヴォーカリストには必須アイテムになるかもしれませんね。それと、家で大声で歌いまくりたいカラオケマニアにも・・・使い方が間違っているけど。
https://youtu.be/fbej2kiC4Fw


2017.2.16 : 名作『イージー・ライダー』が、CMになって甦る!?

アメリカの国民的行事となっているアメフト決勝戦「スーパーボウル」。その放送時向けに制作されるCM映像は、各社とも驚くほど力を入れています。今回特に注目されているのが、メルセデスAMGの『イージー・ドライバー』。あの名作映画『イージー・ライダー』をテーマに、当時ワイアットを演じたピーター・フォンダが出演。コーエン兄弟が監督を務めるなど、何とも豪華なキャスティングですね。
+コメント : うは!これはカッコいいですね。スーパーボウルの視聴率ってもの凄いようなので、メルセデスAMGの宣伝効果も絶大なんでしょうね・・・もちろん広告費も凄いらしいですけど。お金をかけて作ったCMも、こうやって話題になって後々も動画サイト等で効果を発揮し続ける事を考えれば、企業にとってはしてやったりなんでしょうね。でも、メルセデスAMGは買えない・・・。
https://youtu.be/BvHFM8c7cPM


2017.2.15 : 5,000色のジグソーパズルが美しすぎる!

「1ピースに1色」のルールで制作された、全5,000ピースのジグソーパズル「5000 COLOURS」。ヒントになる絵柄もないので、このパズルを完成させるのは途方もない作業になりそうです。実際にチャレンジしている様子を撮影したタイムラプス映像を見てみると、その美しさに驚かされます。
+コメント : 5000ピースに5000色は凄いけど、どうせなら何かの絵になってた方が良かった気がする。とりあえずは「グラデーションで5000色を見せる」って事だと思いますが、カラーチャート作っても面白みは無いような・・・次は「5000色であんな絵が!」って感じで驚かせて欲しいと思いました。
https://vimeo.com/147424676


2017.2.13 : ぐにゃっと曲がる液晶ディスプレイが、いよいよ実現

ソニー・日立製作所・東芝の液晶ディスプレイ事業が力を合わせ、ついに曲がる液晶ディスプレイを制作・発表しました。その名も「FULL ACTIVE FLEX」。ぐにゃりと曲げても、画像や映像がきれいに映るのです。来年あたり、このディスプレイを搭載したスマートフォンも登場するのでは……と期待してしまいますね。
+コメント : 曲がる液晶!凄い技術ですね。スマホをクルクルと丸めてポケットに!とか、腕輪にして持ち歩けたりとか、夢は広がります。まあ、一番の需要は広告関係で、柱や湾曲した壁などのサイネージに使われそうですね。プロジェクターマッピングならぬ、液晶マッピングとか出来たら過ごそう・・・あ、光学迷彩として服になれば消える事も出来るかも。
https://youtu.be/b373-QjJVPU


2017.2.10 : 地味だったギターの練習が、こんなに華やかに!?

自宅で一人、黙々とコードを押さえ続ける……。ギターの練習って、とても地味な作業ですよね。せっかくギターを手に入れたなら、楽しみながら上達したいもの。そこで制作されたのが「Fret Zeppelin」。専用アプリの楽曲データに合わせて、指板に取り付けたLEDが華やかに点灯し、指使いを視覚的に分かりやすく誘導してくれます。ギター初心者の皆さん、公式映像をぜひチェックしてみてください。
+コメント : 最近友達が「学生の頃一緒にバンド組んだじゃん!」って言ってきたんだけど、そんな記憶は無い。なんせウクレレで挫折した身なのだから・・・でも、ギターには憧れがあってやってみたい。これは、そんな私のような方々にとても良いですね。とりあえずはその良さを動画で見てみて下さい。
https://youtu.be/HTvyJbxmOlI


2017.2.9 : ソニープロフェッショナルムービーアワードが、グランプリを発表!

ソニー株式会社が主催する映像コンペ「ソニープロフェッショナルムービーアワード」で、いよいよ審査結果が発表されました。グランプリに輝いたのは、長濱えみさんが制作した『君が、教えてくれたこと。』。今回のテーマである「感動」に沿った、とても心に響く作品です。皆さんもぜひご覧ください。
https://youtu.be/jZBmKNHasLU


2017.2.6 : Apple watchの自動点灯問題が、ついに解決!

「映画館でドリンクに手を伸ばすと、突然画面が点いて気まずい」……というのは、Apple watchファンの間では有名な話。コンサートや式典など、画面が点いて気まずいシーンというのは結構あるものです。実は、開発者に向けて配信されている「watchOS 3.2」の最新ベータ版にはシアターモードという新機能が搭載されていて、この自動点灯問題を解決してくれそうです。どのような機能なのかは、映像をチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/MluNn-gFF9M


2017.2.3 : まるで映画のようなCMを、ナノ・ユニバースが制作

ファッション業界では珍しく、映像制作まで自社で行う株式会社ナノ・ユニバース。今回制作されたのは、汗シミ防止のオリジナルTシャツ「Anti Soaked」のCM。映画の撮影では定番のブラックプロミストのフィルターを付けることで光源を柔らかくし、ほぼ全編をハイスピード撮影。まるで海外映画のような雰囲気ある映像に仕上がっています。
+コメント : 雰囲気がとてもあって、ともすればCMに見えないようなステキな映像ですね。ちゃんとTシャツに目が行く所もよく出来ているなぁ〜と思います。ちょっと思ったのは、映像がモノトーンでコントラストが低いために寒そうに見えてしまうこと。肝心の「汗をかく」部分が読み取れないですね。あえてガツン!とコントラストを入れてみても面白い映像になるかと思いました。まあ、あえてそこは狙ってないんでしょうけど・・・。
https://youtu.be/DjJHc-86McQ


2017.2.2 : 『バイオハザード』がVRに!その恐ろしさたるや……!!

今年1月にカプコンから発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』。シリーズ誕生20周年を記念した本作は、頭上や背後から見る従来の視点でなく、自分が歩いているかのような一人称視点を導入。圧倒的な恐怖映像の中にぐっと入り込むことができます。さらにVRでプレイすれば、恐ろしさもよりリアルに。ティザーCMが制作されているので、その恐怖空間をぜひご覧ください。
+コメント : バイオハザード7です。youtubeには他にも動画が上がっていますが、それを見るだけでも怖いのにVR対応なんて・・・でもやってみたいですね。「プレイステーションVR」自体が手に入りづらい状況なのがちょっと残念です。
https://youtu.be/-D4txbzePA8


過去の記事はこちら>>2014.8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2015.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2016.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2017.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10
>>最新の記事はこちら

-----