映像クリエーターの業界メモ > 過去の記事 2016.09

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

こちらは「映像クリエーターの業界メモ」過去の記事です。
2016年9月に掲載した記事を保存しています。
2016.9.30 : 日本のクリエイターに、世界進出のチャンスが到来!?

仕事の受注を待つスタイルが多かった、日本のクリエイターたち。これからは、そんなクライアント主導の営業スタイルが変わるかもしれません。モーションエレメンツとデジタルハリウッドが提携し、新たに創造しようとしているのが、クリエイターが制作した映像作品やAfter Effects素材を、グローバルマーケットで販売できる機会。ご紹介するサイトには、デジタルハリウッド大学の学生が制作した作品がたくさん掲載されていますが、こうした若い才能には、どんどん世界に羽ばたいていってほしいものですね。
http://www.dhw.ac.jp/activity/


2016.9.29 : アリスやX-MENなど、最新映画の裏にはあの企業がいた!

今年公開された数々の注目映画で、Blackmagic Designの製品が大活躍しているようです。『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』ではVFXプレート撮影に、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』や『X-MEN:アポカリプス』ではカラー調整に。それぞれの映像美を牽引する技術は、Blackmagic Designが支えていたのですね!ここではアリスの予告編映像をご紹介しますが、カラー表現の素晴らしさに感動するばかりです。
https://youtu.be/tRYvxSvReo0


2016.9.28 : アクションシーンの映像制作に、新しい選択肢!?

スマホ業界で「中国のApple」と呼ばれている小米科技(Xiaomi)が、アクションカメラ市場にも参入していることをご存知でしょうか?今年5月に発売されたのが「YI 4K」の2世代目モデル。高速起動、デュアルマイク、電子手ブレ補正、スロー撮影など、GoProにはない機能も充実しており、注目度が高まっているようです。「GoPro Hero 4」との比較映像が公開されていたのでご紹介します。
https://youtu.be/q0oyGL4SNVM


2016.9.27 : STEAMに登場した、ネズミのアクションRPGゲームが面白そう!

PCゲーマーの間で注目されているデジタルゲーム配信サービス「STEAM」ですが、今回登場したのは、中世のネズミが主人公となり、大きな敵の目をかいくぐりながら進むステルス・アクションRPG『ゴースト・オブ・ア・テール』。クラウドファンディングで潤沢な資金を得たものの、開発をほとんど1人で行っているため未完成で、今のところは早期アクセスで楽しむ形だそうです。とはいえ、注目度は抜群。気になる方は、Xboxのイメージ映像をチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/fNQpKzT9Yaw


2016.9.26 : 富士フィルム初の、4K映像撮影に対応したミラーレス一眼

富士フィルムのミラーレス一眼「Xシリーズ」から、初めて4K映像の撮影に対応したモデル「X-T2」が発表されました。独自開発されたセンサーと画像処理エンジンによって、4K映像に必要な画素数の約1.8倍を撮像でき、モアレやジャギーのすくない高画質が実現。また、静止画で評価されているフィルムシミュレーションを映像撮影時にも使えるようになったそうです。この「X-T2」で撮影・制作された4K映像作例が公開されていたのでご紹介します。
https://youtu.be/jRAKu5IGM00


2016.9.23 : まるで超能力のような、驚きの自然現象!

干し草が空中で渦巻いている、恐ろしい魔術のような映像。けれど、これは超能力でも何でもありません。冷たい空気のポケットの間を、熱い空気が通り抜けることで発生するのだとか。人の理解を超える自然現象には、本当に驚かされますよね。
https://youtu.be/XJWSLmOnC6E


2016.9.16 : ロックの名曲を、動物の鳴き声でカバーした衝撃映像

アメリカの人気ロックバンド「システム・オブ・ア・ダウン」の『Chop Suey』を、動物が発した「音」でカバーしたのがこの映像。犬・猫・鶏などの鳴き声やくしゃみを集めているだけなのに、どこか狂気すら感じますよね。曲とマッチした動物たちの映像にも、ぜひご注目ください。
https://youtu.be/6MLeME9PieI


2016.9.15 : 太陽がクルクル回る映像を、NASAが制作する理由とは?

この映像は、12秒に1枚撮影した太陽の写真をつなげたGIFアニメ。太陽がクルクル回っているのは、太陽観測衛星の「ソーラ・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」がクルリと回りながら写真を撮っているからなのです。もちろんNASAは、遊びで制作しているわけではありません。太陽の周りはフレアなどが発生していて、正確な長さを計測するのが難しいのですが、回転しながら撮影することで外周のラインがはっきりするのだそうです。
https://i.kinja-img.com/gawker-media/image/upload/s--Vf4agi6l--/c_fit,fl_progressive,q_80,w_636/o5jvktyycnn7l6doyxzi.gif


2016.9.14 : フォーカスエリアがぐっと浮かび上がる!渦巻き型のボケが実現

渦を巻くようにボケた背景に、ピントの合った被写体が浮かび上がる……。そんな印象的な写真を撮れる交換レンズが登場しました。アメリカのレンズベビー社製「レンズベビー Twist 60」です。対応しているレンズマウントは、キャノンEF、ニコンF、ソニーE。どのような写真に仕上がるのか?気になる方は、ぜひこの映像をチェックしてみてください。
https://youtu.be/JrjgLQd-4ZI


2016.9.13 : スマホと連動できる!サムスンのVRカメラとは…?

韓国で販売中の360度全天球カメラ「Galaxy Gear 360」が、ついに日本でも発売されました。Gear360に対応したスマートフォンに専用アプリをインストールすると、360度映像のライブビューイングが可能になるそうです。さらに、Wi-Fi経由でスマホに転送すれば、映像を閲覧・編集できるのだとか。SNSにもシェアしやすくなりそうです。
https://youtu.be/hocIatxuddk


2016.9.8 : 全英リコー女子オープンが、臨場感抜群の360度映像に!

7月28日から開催された、女子ゴルフのメジャートーナメントの一つ「全英リコー女子オープン」。その様子が360 度カメラ「RICOH THETA S」で撮影され、公式サイトに掲載されています。ゴルフコースの様子から、選手へのインタビュー、普段見ることのできない裏舞台などを余すところなく楽しめます。ゴルフ好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。
http://ricohwomensbritishopen.com/theta-360/


2016.9.7 : 夏休みはハウステンボスへ!ドローンの体験講習がスタート

夏休みにハウステンボスに行く方も多いのではないでしょうか?注目は、7月16日にオープンした新施設「ロボットの王国」。数多くのロボットとふれあえるので、きっと子どもたちも大喜びすることでしょう。しかも、「ロボットの王国」の開幕に合わせて、DJI 製ドローンの体験講習も始まりました。映像制作の未来を担うドローンにふれる、良い機会になりそうですね。
https://youtu.be/mmyEQiMi4vA


2016.9.6 : リオ五輪の様子を、360度映像で世界に発信!

リオデジャネイロで開催中のオリンピック&パラリンピックを、みなさんはテレビで鑑賞していますか?実はIOCオフィシャルフォトエージェンシーであるゲッティイメージズが、360度カメラや水中ロボットカメラといった最新の機材を駆使してスポーツ映像を配信しています。臨場感たっぷりに楽しめる、世界最高峰のパフォーマンスや、五輪ならではの雰囲気。スペシャルサイトで公開されているので、ぜひチェックしてみてください。
http://welcome-to-gettyimages.jp/olympic2016/rio_image.html


2016.9.5 : 業界初の中判ミラーレスカメラを、ハッセルブラッドが発表

スウェーデンのカメラ製造会社・ハッセルブラッドが発表したのは、有効5,000万画素の中判イメージセンサーを実装したミラーレスカメラ「X1D」。デジタル一眼レフ並みのサイズに中判CMOSセンサーを搭載。その映像美を感じられる製品紹介映像が制作されていたので、ぜひチェックしてみてください。
https://youtu.be/Smx7T1ERGZc


2016.9.2 : タカアシガニの脱皮シーンを、高画質の早回し映像で!

世界最大の節足動物として知られるタカアシガニ。その約6時間におよぶ脱皮シーンを撮影し、早回しにしたのがこの映像です。まさに生物の神秘……なのですが、脚が長すぎて大変そうな姿を見ていると、すこし可笑しくなってしまいます。
https://youtu.be/LQL_EHaPdRs


2016.9.1 : 銀座ソニービールが、解体されてイベント広場に!

ソニー株式会社が先日、「銀座ソニーパークプロジェクト」を発表しました。銀座のランドマークとして約50年間親しまれたソニービルを来春解体して、東京五輪が開催される2020年までイベント広場として活用し、その後に新しいソニービルを建設するのだそうです。その構想が映像化されているので、ここでご紹介します。
https://youtu.be/EOgseRuKx-w


過去の記事はこちら>>2014.8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2015.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2016.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2017.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8
>>最新の記事はこちら

-----