映像クリエーターの業界メモ > 過去の記事 2015.05

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

こちらは「映像クリエーターの業界メモ」過去の記事です。
2015年5月に掲載した記事を保存しています。

映像クリエーターの業界メモ

2015.5.29 : 新機能「Adobe Character Animator」がすごい!

全米放送事業者協会主催の放送機器展「NAB Show 2015」で、アドビ システムズがAdobe Creative Cloud映像制作ツールのメジャーアップデートを先行公開しました。個人的に気になった新機能は、ビジュアルエフェクトツール「After Effects CC」に追加された「Adobe Character Animator」です。Webカメラで人間の頭・口・目の動きをトラッキングするだけで、キャラクターの動きに反映させられます。制作イメージ映像がありましたので、ぜひチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=Ua06b2Wn4QI


2015.5.27 : 「映文連アワード2015」が映像作品を募集中

映文連(公益社団法人映像文化製作者連盟)が主催する、短編映画の賞「映文連アワード2015」が映像作品を募集しています。応募は会員でなくとも可能で、企業のブランディングを目的としたコーポレート・コミュニケーション部門、教育を目的としたソーシャル・コミュニケーション部門、そして自由課題のパーソナル・コミュニケーション部門にわかれています。興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください!
http://www.eibunren.or.jp/top/eibunren-award2015.html


2015.5.26 : リモート操作ができる「飛行カメラ」が登場!

ブラックマジックデザインは、今夏に超小型のデジタルフィルムカメラ「Blackmagic Micro Cinema Camera」を発売するそうです。模型飛行機のリモートコントロールを使うことで、カメラをワイヤレスで操作できます。これなら、人の足では近づきにくいロケーションでも、安全に撮影することができそうです。
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/blackmagicmicrocinemacamera


2015.5.20 : 4K対応の軽量デジタルカメラ「XC10」が、キャノンから登場

キヤノンは6月中旬に、同社デジカメの新シリーズ「XC10」を発売予定です。静止画と4K映像の撮影が可能で、小さく軽いのが特徴。映像制作機器のCINEMA EOS SYSTEMにも使われている映像記録方式を搭載することによって、高輝度や暗い場所でも黒つぶれや白飛びのすくない撮影が可能だそう。
http://cweb.canon.jp/prodv/lineup/xc10/


2015.5.19 : ソニーから4K/HD対応のカメラ「HDC-4300」が発売予定

ソニーは、最新の4K/HD対応システムカメラ「HDC-4300」を今夏に発売予定であることを発表しました。HDC-4300は次世代放送の映像制作規格に対応し、高精細で幅広い色域での色再現が可能になります。そのため、スポーツ中継やスタジオ番組制作に最適。20年以上に渡って世界の放送現場で愛されてきた「HDCシリーズ」の集大成といえそうです。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201504/15-034/


2015.5.18 : パナソニックが最新4Kカムコーダーを発表

パナソニック株式会社から、業務用レンズが一体となった4Kカムコーダー「AG-DVX200」が発表されました。新開発されたLEICA DICOMAR 4K 13倍ズームレンズを搭載。デザインも一新されていて、端子部分などを埃や衝撃から守るために格納できるようになっているようです。発売は2015年秋頃を予定しています。
http://panasonic.biz/sav/dvx4k/


2015.5.15 : スポーツ映像制作者におすすめのシステムが登場

株式会社アスクから、NewTek社の持ち運びできるスポーツ番組制作システム「3Play Mini」が発売されました。このシステムは、カメラを4台まで接続でき、様々なアングルから撮影し、すぐにハイライトシーンの編集を行うことができます。コンパクトサイズながら、1台でスポーツ番組全体にわたるほとんどの映像を制作可能です。タブレット端末でも操作できるそうです。
http://www.dstorm.co.jp/dsproducts/3play/3play-mini.html


2015.5.12 : アカデミー賞で気になった「短編アニメーション賞」

今年もアカデミー賞の授賞式がハリウッドで催されました。作品賞や監督賞などに注目が集まりますが、私が気になったのは、短編アニメーション受賞作であるパトリック・オズボーン氏の「愛犬とごちそう」です。犬の動きを映像で再現するため、スタッフの飼い犬をスタジオに集め、観察しながら制作したそう。短い映像の中に、犬の可愛らしさがつまった作品です。
https://www.youtube.com/watch?v=LZGW349fio8


2015.5.11 : イギリス人クリエイターが制作したIKEAのCMがおもしろい

冬の大地を優雅に飛ぶ渡り鳥。まるでナショナル・ジオグラフィックの映像のようにはじまるこのCM。よく見ると、飛んでいるのは鳥ではなくてTシャツです。超大量のTシャツが目指すのは、IKEAの収納のある家というオチ。この映像を制作したのは、若手クリエイターのドゥーガル・ウィルソン氏。本物の渡り鳥の映像を参考に、Tシャツを操り人形師によって動かして撮影、それをCG化させたそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=DassdizThkk


2015.5.8 : 「Explainer Video」をご存知ですか?

「Explainer Video」という名前を聞いたことがありますか?難しい仕組みを解説するために制作した動画のことで、最近欧米では映像ジャンルとして確立されているのだそう。企業説明、社内研修など様々な場面で活用されています。そんな中、ドイツの学生3人が立ち上げたのが「どんな複雑なことも誰にでもわかるような映像」というコンセプトに基づく、simpleshowという会社。今回はその作品から1つ紹介したいと思います。JALのショッピングマイルという仕組みを解説する映像なのですが、シンプルでわかりやすいです。
https://www.youtube.com/watch?t=106&v=6kOeWcfyHzQ


2015.5.7 : 別れがテーマ。ビョークの最新MVが壮絶な世界観

ビョークがニューアルバムを発表しました。長年連れ添い、パートナーとして一緒に映像を制作していたマシュー・バーニーと離れたのが2013年。今回のアルバムは、この「離別」が制作テーマだとされています。彼女の悲しみが痛いほど伝わってくるような内容です。「Lionsong」という曲のミュージックビデオでは、たんぽぽをイメージしたというユニークな衣装で登場。映像の特殊加工に費やした作業時間は3週間だったとか。
https://www.youtube.com/watch?v=MWHpoJT3qK4


2015.5.6 : 斬新な映像が満載!アメリカで人気の深夜番組

視聴者が少ないはずの早朝4:00から放送されている、アメリカのケーブルテレビ番組がカルト的人気なんだとか。気になって調べてみました。番組名は「Off the Air」といって10分弱の短い番組。気になる中身は、動物やサイエンス、スポーツなどのテーマをアニメーションや実写などの映像で展開するという内容です。例えば、今回紹介する映像は「死後の世界」をテーマに9人のアニメーターがコラボレーションしたもの。日本からも若手クリエイターの平岡政展氏が参加しています。妙にクセになる映像をぜひチェックしてみてください。
https://vimeo.com/123219861


2015.5.5 : 石けん水から生まれた、とてもキレイなMVをご紹介

素敵な映像を見つけたので紹介したいと思います。ニュージャージー州出身のトリオ、A Love Like Piのミュージックビデオです。制作したのは、実験的な映像制作を得意とするクリエイター、キム・ピンメル氏。歌詞の「小さきもの」からインスピレーションを得て彼が考えたのは、はかない泡。石けん水をガラススクリーンに流し込んで撮影しています。とても心地よく思わず眠くなってしまいそうな作品、ぜひチェックしてみてください。
https://vimeo.com/122322480


2015.5.3 : 飛行機ラッピングの裏側を映像化!

Virgin Australiaは、飛行機をラッピング(塗装)する工程をタイムラプス映像として公開しました。作業期間は11日もにわたり、18人の職人が260リットルのペンキを使用しているそうです。プリントされたものを貼るのではなく、一から描いているなんて知りませんでした!塗料が溶けていく様子もなんだか面白いです。
https://www.youtube.com/watch?v=rBcjhqWigK8


2015.5.1 : さすがのクオリティ!映画「星の王子さま」の予告映像

誰もが一度は読んだことのある童話、サン=テグジュペリ原作の「星の王子さま」。その映画が、今年の冬に全国ロードショーが予定されています。すでに公開されている予告映像を見ると、クオリティの高さに感激します。王子さまの顔は……まるで挿絵からそのままの姿で飛び出してきたかのよう!原作ファンにも愛される映画になりそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=w8IEEuJzVaE


過去の記事はこちら>>2014.8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2015.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2016.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2017.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8
>>最新の記事はこちら

-----