映像クリエーターの業界メモ > 過去の記事 2014.11

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

こちらは「映像クリエーターの業界メモ」過去の記事です。
2014年11月に掲載した記事を保存しています。

映像クリエーターの業界メモ

2014.11. 29 : YouTubeで人気のアカペラ・グループがアメ横で映像撮影

ダフト・パンクのヒット曲をアカペラでカバーした「ダフト・パンク・メドレー」で一躍世界的な人気を博し、現在までの総再生回数が5億5000万回を超えているアカペラ・グループ、ペンタトニックス。最新ミュージック映像「Rather Be」は、サマー・ソニック出演後の8月、真夏の炎天下に東京上野のアメヤ横町にて、商店街の全面協力のもと制作されたものだそう。
https://www.youtube.com/watch?v=OPWPa-HMpj8


2014.11. 28 : 秋の行楽にぴったりの双眼鏡探し

先日アウトドアへ出かけたのですが、知人が持ってきていた双眼鏡が気になってしまいました。双眼鏡ってどれも似たり寄ったりだと思っていたのですが、最近は色々なタイプがあるんですね。朝日新聞でわかりやすく双眼鏡を紹介していたのでご紹介します。映像が撮影できるタイプもあって面白い!
http://www.asahi.com/shopping/special/SDI201410157644.html?iref=andM_rnavi_living


2014.11. 27 : グーグルが三陸沿岸からのストリートビュー公開

東日本大震災で大きな被害を受けた三陸沿岸を海上から映した「海からのストリートビュー」をグーグルが制作・公開しています。今年の6月から夏にかけて、岩手県や宮城県、8地域で撮影。地元の漁師に協力を仰ぎ、漁船にカメラをセッティング。海から眺めた海岸の様子を400kmに渡って記録したそう。画像はグーグルマップやグーグルアースで観ることができます。
http://www.asahi.com/articles/ASGBL6VJDGBLULFA00Q.html?iref=comtop_6_01


2014.11. 27 : オリンパスが、自分でカメラを開発できる本体を公開。

オリンパスは、自由に開発できるカメラ本体を公開しました。3/4型CMOSセンサーを搭載したミニボックスのPOVカメラで、マイクロフォーサーズのレンズマウントも実装しています。オープンプラットフォーム化することで、自分で開発・制作していくことが可能になります。
http://opc.olympus-imaging.com/


2014.11. 26 : 国際放送機器展 IBCの開催レポート。

映像関連展示会が欧州で続々と開催されているなか、9月12日~16日には、欧州最大の国際放送機器展IBCがオランダ・アムステルダムで開催されました。4K機材が多く発表された様子をレポート記事で読むことができます。
http://www.pronews.jp/special/20140914234639.html


2014.11. 25 : スティーブ・ジョブスは子どもにデバイス使用を制限させていた。

先日、ニューヨークタイムズに掲載された記事によると、スティーブ・ジョブスは子どもにデジタル・デバイスの使用を制限させていたそうです。ジョブスだけでなく、IT会社で働く人は、その悪影響についてよく知っているので、注意深くなるのかもしれませんね。彼らが家庭でどのようにルールをつくっているのかを、記事で詳しく読むことができます。子どもだけでなく、大人もスマホ中毒が多いっていいますよね。便利なアイテムだけれども、注意しながら楽しみたいですね。
http://www.nytimes.com/2014/09/11/fashion/steve-jobs-apple-was-a-low-tech-parent.html?smid=pl-share&_r=0


2014.11. 20 : アニメ「ピンポン」を制作した会社、Science SARUとは?

『ピンポン THE ANIMATION』など、アート性に富んだ映像作品を制作している、スタジオScience SARU。インタビュー記事がwiredに掲載されていたので、ご紹介します。代表を努める、アニメーション監督の湯浅政明によると、従来のプロセスを無視し、原画の時点からフラッシュを使用するのだとか。繊細な作風の秘密が明らかになります。
http://wired.jp/2014/09/10/science-saru/


2014.11. 19 : 話題のメガネ型端末、ソニーも発表。

メガネ型の端末が話題になっていますが、ソニーも「スマートアイグラス」を制作していました。発売は未定ですが、現在開発中とのこと。スマートフォンのアプリと連動させ、マラソンで走っているときに応援のメッセージを出したり、料理中にレシピを確認したり、会社の会議中に情報を確認したりと、様々な用途での使用が期待できます。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201409/14-090/


2014.11. 18 : 14台のAppleデバイスをフル稼働させて撮影したミュージックビデオ

私は音楽と映像が好きなので、ミュージックビデオには目がありません。たまたま見かけたビデオがきっかけで、そのアーティストの事をはじめて知るということも多いんです。最近見たミュージックビデオで面白かったものを紹介しますね。ウクライナのインディーズバンド「Brunettes Shoot Blondes」のものです。14台のAppleデバイス(iphoneやipad、MacBook Airなど)に表示されたアニメーションがつながっていくという変わった作品なんですが、とてもよく出来ていて見ていて飽きない1本です。
https://www.youtube.com/watch?v=RC_0NzJ2mWA#t=122


2014.11. 17 : イグ・ノーベル賞、バナナの皮をつかった研究で日本人が受賞。

ノーベル賞のパロディとして、ユーモアのある科学研究に贈られるイグ・ノーベル賞にて、日本人の研究チームが受賞しました。受賞したのは、バナナの皮を踏んだ時の皮と靴の摩擦を測定したチーム。ユニークな過去の受賞作品のアーカイブ映像もこちらから見る事ができます。科学には弱いのですが、こんな授業があったらもっと好きになっていたかもな、と思います。
http://www.improbable.com/ig/winners/


2014.11. 14 : 全米オープンの試合結果でできた音楽&映像って一体。

日本全国が歓声に湧いた、テニスの全米オープン。まだ記憶に新しいですね。その試合データを使って、音楽制作を行うというプロジェクトをご紹介します。立ち上げたのは、音楽プロデューサーのジェイムズ・マーフィー氏と、IBM、デジタル制作会社Tool社。試合のスコアデータや歓声、気温やラケットの音などをアルゴリズム化し、音源化。エースから、ゲームポイント、ブレイクポイントなど全ての選手の主なプレイが、音楽とグラフィックアニメーションに変換されています。因みに、錦織選手の決勝戦を楽曲にしたものもこちらから楽しめます。
http://sessions.usopen.org/?cmp=usbrb&cm=v&csr=agus_sessions_140822&cr=youtube&ct=usbrb301&cn=introusopen/


2014.11. 13 : ポルシェデザインのブラックベリーが登場。

日本では新しいiPhoneの話題でもちきりですが、カナダの会社・RIMが開発しているスマホ「BlackBerry」からも新しい機種が発表されました。BlackBerryとポルシェは今までも度々コラボレーションしてきましたが、今回新たに新種を制作しています。公式サイトには製品PR映像もありますが、日本のスマホにはない、ポルシェを想像させるシャープで角張ったルックスが特徴的ですね。
http://us.blackberry.com/smartphones/blackberry-p9983.html


2014.11. 12 : オアシス初の展覧会が日本上陸。初来日の映像も上映。

英ロンドンにてスタートした「CHASING THE SUN:OASIS 1993-1997」は、オアシスがビッグヒットを飛ばし、世界的に人気を博した90年代半ばを振り返るというもの。東京はロンドンに続いて、世界で2カ所目の開催地。初期の秘蔵写真や、当時のオフショット、ギターなどの私物が展示されるそうです。日本だけの特別なコンテンツも用意されていて1994年の初来日公演の映像や写真の展示、日本限定グッズなども販売。
http://oasis-chasingthesun.jp/exhibition/


2014.11. 11 : 立体的な新感覚を味わえる。ヘッドマウントディスプレイ「オキュラスリフト」

9月に行われた東京ゲームショーで、長い行列を集めたという「オキュラスリフト」をご存知ですか?米オキュラスVRという会社が開発した、ゴーグル型ディスプレイのことで、眼前のディスプレイに立体的な映像を投影し、あたかも映像空間に入ったような体験ができるというアイテムなんです。ゲーム業界だけでなく、様々な業界から引く手あまたの様子。制作者のイメージ映像はこちらから。
http://www.oculus.com/rift/


2014.11. 10 : 次々に発表されるドローンから、気になる2台を紹介。

飛行性がアップし、amazonが配達に使用を検討しているなど話題に事欠かないドローン(マルチコプター)。様々な会社から新しいモデルが登場しているのですが、私が気になったのはこの二つ。Rolling Spiderは、重さ55グラムの超軽量タイプ。側面に2つの車輪が着いており、どんなところへも自由自在に走行可能。操作は無料アプリでできる。イタリアでは99ユーロで販売されています。そしてもう一つが、Jumping Sumo(ネーミングが可愛い!)。その名の通り、横綱並みに耐久性が強いのが売り。80cmも跳ねて、椅子や家具に飛び乗ることができます。遊び感覚で使える低価格ドローン。ぜひ試してみたいですね。使用イメージ映像はここから。
http://wired.jp/2014/07/05/parrot-mini-drones/


2014.11. 07 : 歌詞がとびだす?!近未来なミュージックスピーカーがすごい。

「Lyric speaker」はスピーカーと一体になった透明のスクリーンに、歌詞が映し出され、見て聴いて楽しむというもの。ただ歌詞が出るだけでなく、曲ごとにフォントを変更したり、洋楽の和訳もできるのがいいですね。専用アプリで曲を再生するとデータベースから歌詞を読み込んで、その歌詞が表示されるという仕組み。現在は製品化に向けてパートナー会社を探しているとのことです。下記リンク先の映像では、使用イメージやミュージシャンからのコメントも寄せられています。
https://www.youtube.com/watch?v=tNDAValahqo


2014.11. 06 : 一生インクのいらないペン、フェラーリのデザイン会社が制作。

「4.EVER・ピニンファリーナ・カンビアーノ」は、フェラーリのデザイン会社ピニンファリーナ社が、イタリアの文具メーカーと制作したペン。なんとインク不要で一生使える、夢のようなペンなんです。フェラーリを想像させる、木とアルミニウムで出来た流線型のボディ。合金でできたペン先が、紙に触れて摩擦を起こす。そこで紙が酸化し、筆跡を残すという仕組みになっています。価格は日本円で約12,000円。長く使えることを考えると、高くはないかも。イメージ映像をここから見る事ができます。
http://wired.jp/2014/09/05/cambiano-pen/


2014.11. 05 : ホイールを交換するだけでOK。普通の自転車が電動になる、すごいツール。

マサチューセッツ工科大学のアサフ・ビダーマン教授が、コペンハーゲン市長からの依頼により制作したというCopenhagen Wheel。この商品は、ホイールを交換することでほとんどの自転車が電動化する、という未来を感じさせる素晴らしいツールです。手持ちの自転車に装着したら、あとは走るだけでOK。カロリーや走行距離はデータ化され、健康管理にもつながります。イメージ映像をここから見ることができます。
http://www.wired.co.uk/news/archive/2013-12/03/superpedestrian-smart-wheel


2014.11.04 : エルメスから、ネクタイをテーマにした無料アプリが登場。

制作会社勤めなので普段はあまりネクタイを着用していませんが、このエルメスのアプリは気になってしまいました。エルメスのネクタイやメンズスカーフの柄を自分のシャツと合わせれば、スタイリングの参考に。また、ちょっと変わった締め方や結び方のレクチャーもしてくれます。私が気にいったのは象のキャラクターのミニゲーム。コンテンツも色々とあって楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね。この秋にも日本語版が制作されるそうです。イメージ映像もステキですよ。
http://www.maisonhermes.jp/feature/4968/


過去の記事はこちら>>2014.8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2015.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2016.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12
+ 2017.1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10
>>最新の記事はこちら

-----