apple映像クリエーターの業界メモ

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

皆様、はじめまして。本日からあたらしくブログをはじめることになりました。
ここでは私(映像クリエーター)が気になった映像にまつわるニュースや面白かった動画や映像などについて、
つらつらと書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします! : 2014年8月1日
※記事中の「+コメント : 」は、社内一般スタッフが記事内容を見た感想をちょっとだけ付け加えています。
2018.11.13 : 通勤から海中までOKな、完全ワイヤレスイヤホンが登場

さまざまな完全ワイヤレスイヤホンが生まれてきましたが、ソニー株式会社が制作した「WF-SP900」はスイミング中でも使える優れものです。防水性能や防塵性能に優れ、海水や砂浜でもOK。陸上向け・水上向けのイヤーピースが付属していて、泳いでいる時に外れないようにリーシュコードも用意しているそうです。気になる方は、ぜひ映像をチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/L32Wshly8H0


2018.11.12 : VRを気軽に楽しめる「Oculus Go」が、「YouTube VR」に対応!

ケーブル要らずの一体型VRヘッドセット「Oculus Go」が気になる!という方も多いのではないでしょうか?PCやスマホがなくても、これ単体でVR映像を楽しめるなんて、VRも手軽になったものです。ただ、肝心の「YouTube VR」が見られないという難題が……。というのも、今までの話。いよいよ「YouTube VR」に対応するそうです。その告知映像が制作されたので、ぜひご覧ください。
https://youtu.be/Ki1JnCCx3ks


2018.11.8 : ゴルフをもっと健康的に変えるキャディーロボット

ゴルフコースを回る時、カートに乗って移動していませんか?新たに制作されたキャディーロボット「ROVER」なら、歩いて回るゴルフを実現してくれるみたいです。重たい道具はROVERに乗せて、発信機を持つ人にずっと着いてきてくれるのだとか。だから、楽させてくれるカートとはサヨナラ。ゴルフをもっと健康的に楽しめるのです。運動不足なゴルフファンの皆様、ぜひ映像をチェックしてみてください。
https://youtu.be/rjhZ1UcV47M


2018.11.7 : 映像のなかを歩きまわれる!360度のVRカメラが登場

Facebookとシネマカメラで有名なカメラ製造会社REDが共同制作した、VRカメラ「Manifold」。16台のカメラが球状に並んだ見た目も印象的ですが、特にすごいのはVR映像のなかで縦横左右のトラッキングを実現したこと。要するに、視点だけを動かせるVR映像ではなく、映像内を自由に動き回れるのです。映像の楽しみ方が、さらに広がりそうですよね。
https://youtu.be/QjmlEHwW5Ec


2018.11.6 : ドイツで活躍中の、地球にやさしい電車って?

自動車会社各社が制作に力を注いでいる、電気自動車やハイブリッドカー。ただし、充電にちょっと時間がかかるので、ガソリン感覚で素早く水素を充填できる燃料電池車の普及には期待してしまいますよね。実はドイツでは、水素燃料で走る乗り物を積極的に導入しています。その代表格が、鉄道会社Alstomの「Corandia iLint」。水素を電力に変えてモーターを回す鉄道で、今年9月から運行開始しています。未来の電車の形を、ぜひ映像でチェックしてみてください。
https://youtu.be/0vgxrsn_bY4


2018.11.5 : 月・地球間の輸送サービス実現に向け、日本企業がチャレンジ!

日本の株式会社ispaceが、SpaceXと手を結んで月着陸船をファルコン9ロケットで運び、月面探査を実施することが決まったそうです。「HAKUTO-R」と名付けられたこのプロジェクトでは、月周回軌道に入ることと、荷物を月へ運ぶことがミッションとなります。将来的には月面に植民地をつくって、資源を地球に届けるという夢を描いています。そのビジョンを紹介するアニメーション映像が制作されているので、興味のある方はご覧ください。
https://youtu.be/wwBZwxdMrDs


2018.11.4 : オートパイロットが見ている、町の景色とは?

完全自動運転機能「オートパイロット」を売りにしている、イーロン・マスクの電気自動車製造会社Tesla。「オートパイロットの仕組みってどうなってるの?」というのは気になるところですね。今回制作された映像は、開発者向けにロックが解除されたAutopilot Hardware 2.5から運転中の処理データを解析したもの。実際にTeslaの開発者が見ている画面とは違うはずですが、パリの街中を運転している時、何をどのように認識しているのかが分かって面白いですよ。路上のコーンを認識してその向こうを走行不可と判断したり、ポスターを歩行者と誤認したり……。まだちょっと不安になるところもありますが、興味のある方はチェックしてみてください。
https://youtu.be/_1MHGUC_BzQ


2018.11.3 : 6畳のお部屋でも、100インチの映像を映せるプロジェクター

富士フイルム株式会社が、今度はプロジェクター制作に注力するようです。先日公開された新製品は、世界初の二軸回転機構レンズを搭載したプロジェクター。つまり、縦向きの映像を映したり、床・天井などへの投映も自由自在。しかも、投映する場所から75cm離して設置するだけで、100インチもの大画面を映せるそうです。ということは、テレビを見るより近い距離で、映画館とまでは言わなくても、迫力満点の大画面が楽しめるということ。スペースの限られたお店などで、大活躍しそうですね。
https://youtu.be/lPEE-zOcnKI


2018.11.2 : びっくりするほどヌルヌル動くインタラクティブ黒板

先月開催されたMicrosoftカンファレンスで初デモが行われたのは、現在制作が進んでいるタッチスクリーン端末「Surface Hub 2」。要するに会社の会議室にあるホワイトボードの代わりだと思いますが、タッチ操作で直感的に動きますし、大画面でPCを操作しながらみんなで共有するのには最適そうですね。驚かされるのは、ディスプレイを回転させた時のスムーズさ。映像を見てみると、心地よいヌルヌル感に思わず拍手してしまいたくなります。
https://youtu.be/lPEE-zOcnKI


2018.11.1 : 小惑星探査機「はやぶさ2」の活躍から目が離せない!

小惑星の物質を世界で初めて地球に持ち帰った探査機「はやぶさ」。その後継機である「はやぶさ2」の活躍に、心躍らされます。先月は、地球近くの小惑星リュウグウに探査機「MINERVA-II1」を投下して無事着陸させたそうです。そして移動探査を成功させたのだとか。続いて今月には、小惑星のうえでミサイルを撃ってクレーターを制作し、その内部の新鮮な物質を採取。その詳細がCG映像で分かりやすく紹介されているので、ぜひご覧ください。
https://youtu.be/8H4aZX_8hMA


過去の記事はこちら>>2014.8+9+10+11+12
+2015.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2016.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2017.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2018.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10
>>最新の記事はこちら

-----