映像クリエーターの業界メモ

お問い合わせ  TEL:03-6278-0033(平日10:00~18:00) Mail

業界最新情報

皆様、はじめまして。本日からあたらしくブログをはじめることになりました。
ここでは私(映像クリエーター)が気になった映像にまつわるニュースや面白かった動画や映像などについて、
つらつらと書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします! : 2014年8月1日
※記事中の「+コメント : 」は、社内一般スタッフが記事の動画を見た感想をちょっとだけ付け加えています。
2018.7.20 : 火星を旅する、リアルなシミュレーション映像が完成

火星の周回軌道上で、地表を探査しているマーズ・リコネッサンス・オービター。そこに搭載されたHiRISEカメラが撮影した画像データから、火星の地表のシミュレーション映像が制作されました。高画質で正確なデータのおかげで、とてもリアルな映像に仕上がっています。どれだけ進んでも岩山だらけですが、宇宙のロマンを感じさせられますね。
+コメント : これが実際の火星の地表。ずぅ〜っと続く赤い砂漠。それにしても、遥か宇宙のずっと先の火星の地表を正確にシミュレーション出来るなんて・・・すでにバーチャル火星旅行も可能なのではないですかね。まあ、ず〜っと砂漠ですぐに飽きてしまうかもしれませんが。
https://youtu.be/XZc6ictXuIo


2018.7.19 : 宇宙廃棄物の掃除屋さんが、ISSから発進!

地球の周りには、弾丸以上の速さで飛び回る、約2億もの宇宙ゴミ「スペースデブリ」があります。宇宙船や衛星を傷つけてしまう可能性もあることから、さまざまな会社がタッグを組んで、人工衛星「RemoveDEBRIS」を制作しました。デブリの捕らえ方は、映像の通り。この人工衛星はISSから放出され、これからテスト活動が行われるそうです。安全な宇宙環境のために、今後の活躍を期待しておきましょう。
+コメント : 地球の周りってもの凄い数のゴミが回っているのですね。しかも弾丸以上の速さて、怖すぎる。この動画を見てみると、なんかこうデブリホイホイ的な感じですが、どのくらいの効果があるんでしょうかね?興味津々ですわ。将来的に宇宙旅行などが実現し、頻繁に宇宙に出る時代になった時のことを考えると、今から処理していきたいものですね。
https://youtu.be/_QUhCLTfXf0


2018.7.18 : この夏、遊びたい!乗っても割れない風船「ワブルボール」

風船のようにフワッフワなのに、握ったり、潰したり、乗ったりしても割れない「ワブルボール」をご存知ですか?特殊素材で制作されていて、ポンプで空気を入れると、直径75cmくらいまで膨らみます。けれど風船と違って、押してみると手が沈み込んでいくほど柔らかいんです。ぶつかっても、キックしても痛くないから、映像のように子どもたちが全力で遊び倒しても大丈夫。この夏のレジャーに、ぜひとも手に入れたいですよね。
+コメント : こ、これは遊んでみたい・・・この猛暑の中、汗だくになって、それはそれは童心に戻れることでしょう・・・そして倒れると。オッサンだから・・・。
https://youtu.be/RXHsStYcn3Y


2018.7.17 : 今月、世界同時発売!グラフェンを使った夢の靴

平面ではダイヤモンドより強い素材とされる、奇跡の素材「グラフェン」。引っ張り強度が強く、熱伝導や電気伝導にも優れ、原子1個分の厚さでも鋼鉄の200倍の強度を誇るそうです。この映像に登場するのは、グラフェンを使ったシューズ。イギリスの靴製造会社が制作した「Gシリーズ」は、アウトソールにグラフェンを混入し、耐久性とグリップ性を50%以上向上させたそうです。足を守る最強の靴、早く履いてみたいものです。
+コメント : ダイヤモンドより強い素材なんてあるんですね。この動画のシューズも体験してみたいですが、もっといろいろなモノにも使えそうですね。
https://youtu.be/ziUDoNcPM8o


2018.7.13 : もし、1995年にスマートフォンが生まれていたら?

スマートフォンのOSといえばiOSかAndroidですが、もし「Windows 95」をスマホに搭載してみたら……?そんな遊び心のある映像が制作されていたのでご紹介します。青とグレーで統一された懐かしいインターフェイスに、パーソナルアシスタントとしてあのクリッピーが登場。「Windows 95」世代の方なら、取扱説明書がなくてもスイスイ使えそうですね。
+コメント : 面白いことを考えるな〜・・・Windows10スマホより全然使えそうな気がしますしね〜。待てよ、Androidでスキンのようなものがありそうな気もします。とか思ってググったら、AndroidにWindows 95をインストールした強者がおりました!世の中凄い人っているのね。んで、使い勝手はどうなんでしょうね〜・・・。てか、すっかり忘れていたWindows10スマホってどうなったんでしょう?これまたググったらちゃんと存在していました・・・申し訳ございません。
https://youtu.be/D0DDQumaaCg


2018.7.12 : 自ら合体していき、自由な形の建築物になる多面体ロボット

アームだけの産業ロボットから、二足歩行するロボットまで、さまざまな次世代ロボットが登場してきています。今回、ロンドンの建築デザイン会社が制作したのは、自己集合するオープンソース・ロボットシステム「noMad」。映像によると多面体をしていて、中のモーターが回ることでモジュラーのサイズが変わり、磁力で合体していきます。それぞれが自ら考え、環境に合わせた形へと変わっていく……プログラムによっては街をも飲み込みかねない、すごいシステムですよね。
+コメント : 自ら考えて形を変えるって、なんだか恐ろしいですね。昨日一生懸命に組み立てたのに朝起きたら全然違う形に!?みたいな・・・。えっと、基本的に「+コメントの私」は一般社員ですので、ちょっとアレなコメントになっていてもゆるして頂きたいと思っていたりしますがいかがなものでしょうか。
https://vimeo.com/271128738


2018.7.11 : 3Dキャラを気軽につくれる「VRoid Studio」が、7月末に無料リリース

個人で制作した3DCGキャラクターが、バーチャルYouTuberや「VRChat」などで活躍しているのを、よく目にするようになりました。そこでピクシブ株式会社は、この3Dキャラクターをもっと手軽に制作できるようにと、新ツール「VRoid Studio」を開発。今月末から無料でリリース予定だそうです。映像を見てみると、2次元のイラスト制作のような手軽さで、3Dキャラがぐんぐん出来上がっていくのに驚かされますね。
+コメント : サラサラと3Dのキャラクターが描けてしまうなんて凄いですね。しかも無償って・・・こりゃえらいことですわ。早速私も・・・って、そもそも絵心がないんですけど〜。
https://youtu.be/aHQ6KAJ8Kc8


2018.7.10 : 「仕事終わりに手が疲れてる」という方は、このマウスをぜひ!

1日中パソコンに向かい、数えきれないほどクリックをし続けていると、知らず知らず指先に疲れがたまってしまうものです。そこで今回制作されたのが、エルゴノミクスマウス「RBT(ラビット)」。指で押すのではなく、指の腹で押すことで、疲れがたまりづらく設計されているのだとか。どういうことかイメージしづらい方は、ぜひ映像をチェックしてみてください。クリックの改善が、仕事の生産性向上につながるかもしれませんね。
+コメント : クリックしまくりのゲーム等ではやはり手や指に負担はかからない方が良いですね。ちなみに私は社会人となり20年以上、マウスってほとんど使ったことがありません。最初っからペンタブレットなのですね。まあそれはどうでもよいですね・・・ゲームや仕事でクリック疲れが気になる方は、ぜひとも動画をチェックしてくださ〜い!!!
https://youtu.be/SNfMbVWgdwM


2018.7.9 : Teslaの新型ロードスター、驚異のパフォーマンス数値は本当!?

Teslaが制作した新型電気自動車「ロードスター」が、先日、火星に向けて宇宙に飛び立ったことで話題になりました。時速60マイルに達するまでにわずか1.9秒しかかからず、時速100マイルでもなんと4.2秒。しかも、最高速度は時速250マイルと、新幹線をも凌駕する驚異的なパフォーマンス数値が発表されています。「本当かな?」と疑ってしまうほどの数値ですが、テストドライバーのエミールさんのインタビュー映像をご覧ください。この数値について「控え目」とまで言及しています。実際に火星に行って、時速250マイルで乗り回してみたいものですね。
+コメント : 電気モーターって凄いのですね。この性能に長年レシプロエンジンを開発してきた方々はどう思うのでしょう。ただ、スポーツカーで心が躍る一因にエンジン音があると思うのです。モータースポーツにおいても、レシプロエンジンのあの音!あの全身にカーンとくるエンジン音も楽しみの一つですよね・・・。それでは、電気自動車の急激な進化の証人エミールさんのインタビュー動画をどうぞご覧下さいませ。
https://youtu.be/UcI-5AzPlr8


2018.7.6 : まるでアイアンマン!?格好良く空中を舞うスタントロボット

今回、ディズニーのイマジニアリング研究開発部が制作したのは、成人男性のようなたくましい体を持つスタントロボット。映像を見てみると、華麗に回転しながら空中を飛べるようです。無回転で飛ぶときは、アメコミヒーローをを思わせるポージングがとっても格好良いですよね。生身の人間に代わって、テーマパークのショーなどで活躍する予定だそうです。ディズニーリゾートで、より高度なアクションが見られる日が楽しみですね。
+コメント : えっと、今回から一般スタッフのコメントは少なめに・・・。なるほど〜、前にディズニーが開発している一本足ロボットがピヨーンって飛ぶのを紹介した時(今年の6月22日の記事)に、ただ飛んだりするだけでロボットである必要があるのかな?とか思ってしまいましたが、今回の動画を見て頂ければ一目瞭然。空中での姿勢やポーズを人間のように自然にすることで、ロボットがまるで生身の人間に見えてくる。ちょっと危ないスタントもまるで人間のようにこなしてくれるのか〜・・・あぁ、壊したらいけないだろうからからとんでもなく危ないのはダメか〜・・・あぁ、コメントは少なめにしないといけないのに長くなってしまった〜・・・まあいっか。
https://youtu.be/ENa98h7M7qY


2018.7.5 : 未来のワールドカップは、テーブル上のAR映像で観戦!?

今年6月に開催された国際会議「CVPR 2018」で、3DのAR映像でサッカー観戦を楽しむための研究「Soccer On Your Tabletop」が発表されました。普通のサッカー映像をソースとして、選手の動きを追跡・予測。制作した3Dモデルの選手たちが、テーブル上に映し出したフィールド上を駆け回るのだそうです。これが実現すれば、世界中でサッカー・ワールドカップの楽しみ方が変わりそうですね。
+コメント : サッカーの速い動きを確実にトレースしてAR上に映し出す。これってリアルタイムで出来るのかちょっとわからないけれど、リアルタイムで出来て欲しいな〜。この技術はサッカー・ワールドカップだけのことではなく、あらゆるスポーツで使えて楽しみ方が変わりそう。一度作ってしまえば、全方向どの視点からでも見ることが出来るでしょうから、アーカイヴ的な使い方も出来ますよね。もちろん、スポーツ以外のことでも応用が出来るかもしれませんね。リアルタイムで街中の動きをARでなんて・・・これは何が楽しいのだ?と、最近一般スタッフの追加コメントが長過ぎるようなので、今後は映像クリエーター様の記事を越えないようにしていこうと思っております・・・今日はしないのか?とのツッコミにはお答え出来かねます。
https://youtu.be/eRGAB4QBS6U


2018.7.4 : スマホが落下しても画面が割れない、ナイスなケース

スマートフォンを落として画面が割れてしまった……そんな悲しい経験をしたことのある方も多いようです。ケースで守っていても、打ちどころが悪いと画面にヒビが!そんなお悩みを解決するため、ドイツ・アーレン大学の学生さんが画期的なケース「ADケース」を制作したそうです。落ちる時に柔らかなツメが飛び出し、クッション代わりになって全方位からの衝撃に対応してくれます。このナイスな発明が気になる方は、ぜひ映像をご覧ください。
+コメント : こりゃナイスアイディアですね。あいにく私はスマホを落として画面を割った経験はありませんが(自慢げ)、よく落としてしまう方には必要な機能かもですね。ちょっと気になったのは加速度センサーを使っているのかな?落下して早い段階で開いているので、ちょっとした日常での行動や乗り物などで開いてしまわないか心配してしまいます。例えば、転んだ時とか、ジェットコースターに乗っている時とかポケットの中で開いてしまわないか・・・いらん心配ですけどね。これをこのまま武器として、敵に向かって投げたらバシュ!って刺が出るみたいなマンガチックな使い方も出来ますね〜・・・出来ません。
https://youtu.be/ENnlKd6KiII


2018.7.3 : 普通の映像から、スローモーション映像を生成する新技術

撮影済みの映像をスローモーションに変換するのは、何百もの中間フレームを新たに制作するなど、とても大変な作業でした。米国の半導体製造会社・Nvidiaは、ディープラーニングの画像処理能力を活かし、このスローモーション映像の生成を実現したそうです。サンプル映像を見てみると、その滑らかさに驚かされます。
+コメント : なぜかスローモーションってのに憧れを持っている私です。なんだかわからないけどワクワクもしますよね〜(しませんね)。残念ながら私のスマホにはスローモーションの機能が付いていないので普段は考えないようにしています。それがなんと!撮影済みの動画からスローモーションが作れるなんてこりゃすごいですわ。あの動画もこの動画もスローモーショーン!です・・・。話を戻して・・・つまり、コマ間の撮れてない情報を自動的に作って埋めてくれるってことなのですね。じっくり見られてしまうスローモーションで違和感がまったくないってこりゃ凄い!
https://youtu.be/MjViy6kyiqs


2018.7.2 : 米ディズニーに来年登場!『スター・ウォーズ』テーマランドの予告映像

映画『スター・ウォーズ』がディズニーに買収された最大の利点は、このテーマパークと言えそうです。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州)とディズニーランド(カリフォルニア州)に制作中のテーマランド「Star Wars: Galaxy’s Edge」。予告映像によると、来年の夏~秋にオープンするそうです。この規模は難しいとしても、日本のディズニーランドにも続いてほしいですよね。
+コメント : スターウォーズのテーマランドが出来るんですね。スターウォーズは最初の三部作しか観ていない私でも、この映像を見ただけでワクワクしてしまいます。ジェットコースターが大好きなので、ディズニー系には今まで無かった本格スリリングなのを頼みますよ!(米国まで行かないけど・・・)。それにしてもディズニーは、いろんなモノを吸収して大きくなって行くのですね。
https://youtu.be/g6NZXh9v-Ks


過去の記事はこちら>>2014.8+9+10+11+12
+2015.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2016.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2017.1+2+3+4+5+6+7+8+9+10+11+12
+2018.1+2+3+4+5+6
>>最新の記事はこちら

-----